マイビジネスの現状を確かめましょう

あなたの運営する会社や店舗のGoogleマイビジネスは現在どのような状態になっているかご存じですか?

とんでもない状態になっていた人もたくさんいます。

まずは現状分析をしっかり行う事が大切です。

あなたのお店のGoogleマイビジネスがどのような状態であるかを今すぐ確かめてください。

Googleマイビジネスは勝手につくられます

あなたのお店や施設のGoogleマイビジネスが、現在どの様な状態になっているかを確認された事はありますか?

お店や施設をお持ちでしたらまずはGoogleマップであなたのお店や施設を検索してみましょう。

「検索してみましょう?と言われてもGoogleマップに自分の店とか登録した記憶は無いけど」

と思われた方も多いと思いますが、Googleマイビジネスは最近出来たばかりのお店や施設で無ければ、すでにGoogleマップ上にあなたのお店や施設が勝手に登録されているはずです。

Googleマイビジネスの大半は、Googleがインターネット上に存在するあらゆる情報の中からリアルに存在する店舗や施設・企業などを検索し、そのネット上の情報をもとにGoogleマップ上に自動的に作成される仕組みになっています。

ですから正確で無い情報をもとに誤った情報のマイビジネスが作られる事ともあり、実際には誤った情報をもとに作られた誤った状態のGoogleマイビジネスも、沢山存在しているのが現実です。

皆さんのお店や施設も勝手にマイビジネスを作られた上に、誤った情報を掲載されている可能性が有る事をご理解ください。

もちろん通常はGoogleが文章を作るわけでは無いので、すでにインターネット上に公開されているなんらかの誤った情報や古い情報をもとにその内容を転記している状態となります。

長年事業をされている店舗の多くは、店舗経営者が何もせず知らないうちにGoogleが自動的にマイビジネスが作られています。

お客様がGoogleマップ検索で、Googleマイビジネスを発見し、店舗に訪れその時の感想を評価に☆をつけてクチコミを書いてくれているのに、とうの経営者はその事にまったく気づいていないケースも少なくありません。

商売はしているけど一切広告等はした事が無く、ホームページ等も一切もたず、タウンページ等にも一切情報登録をしていない(こんな方はごくまれだと思いますが)という店舗は何年も事業を行っているがGoogleマイビジネスが作成されていないというケースもまれにございます。

自店のGoogleマイビジネスの調べ方

Googleマイビジネスの検索方法

  • パソコンのブラウザのGoogle検索窓から検索
  • パソコンのブラウザでGoogleマップを開いてマップの検索窓から検索
  • Android端末のブラウザのGoogle検索窓から検索
  • Android端末のGoogleマップアプリの検索窓から検索
  • iOS端末のブラウザのGoogle検索窓から検索
  • iOS端末のGoogleマップアプリの検索窓から検索

それぞれ若干表示のされ方が違います。

特にAndroid端末のGoogleマップアプリとiOS端末用のGoogleマップアプリはGoogle社とApple社の競争関係のためか詳しい理由はわかりませんがかなり仕様に違いがあります。

当然Googleの機能ですのでAndroid端末の方が色々と進化機能が追加されています。

検索時の入力方法

検索方法は発見できるまで下記の方法を上から試してみて下さい。

店舗名で検索

店名
検索

大抵はこの方法で見つかります。
店舗名がアルファベット表記や漢字の場合は読み方の表記をひらがな、カタカナでも検索してみてください。
検索結果にない場合は、
アルファベットなら大文字、小文字、全角、半角でそれぞれ検索してください
カタカナでも全角半角でそれぞれ検索してみてください。

店舗名の一部で検索

「株式会社おもてなしドットコム」のように単語を複合した名称の場合は

株式会社 おもてなし ドットコム
検索

「株式会社」「おもてなし」「ドットコム」などで検索してみてください。

店舗名+住所で検索

「株式会社おもてなしドットコム」「兵庫県神戸市中央区海岸通」など

株式会社おもてなしドットコム 兵庫県神戸市中央区海岸通
検索

住所のみで検索

「兵庫県神戸市中央区海岸通8番」など

兵庫県神戸市中央区海岸通8番
検索
住所表記を変えて検索

市町村名の後をハイフン表記か丁番表記、それらを入り混じった表記の場合も検索してください

東京都千代田区千代田1−1
検索
東京都千代田区千代田一丁目1
検索
地図表示から検索

住所を入れても検索結果に表示されない場合は、住所で表示された地図を最大限までズームして自社店舗のある位置付近をクリックしてみてください。

隠れていたマイビジネスが表示される場合があります。

それでも表示されない場合は新規登録を試みてください。

Googleマイビジネスの管理ページで新規登録を行おうとしたときに、もしマイビジネスがすでに出来ていた場合は候補として表示される場合があります。

代表電話番号で検索

ハイフンを入れるか入れないかでそれぞれ検索してください

03-111-1111
検索
031111111
検索

ホームページのURLで検索

https://www.princehotels.co.jp/parktower/
検索

自社の公式サイトがある場合は自社のホームページのURLで検索してみてください

マイビジネスが2つ以上表示された場合

マイビジネスが重複して存在することになります。
マイビジネスが重複するとGoogleより指摘を受けることもあります。
また一般のお客様にとってはどの情報が正しいのかがわかりにくくまた管理も不便になるため検索順位に悪影響が出るなど様々な不都合が発生します。

ビジネスオーナーですか?が表示されるビジネス

ビジネスオーナーですか?

マイビジネスに色々な情報やクチコミが投稿されていたとしても
下部に「ビジネスオーナーですか?」と表記されている場合はオーナー確認が済んでいません
オーナー確認が済んでいないマイビジネスは管理者が不在となっています。
そのため第三者による営業情報の変更が行われても気づくことが出来ずそのままになっていたり、低評価のクチコミや悪意のあるクチコミを放置し世界中に発信していることになります。

オーナー確認(登録)の重要性

オーナー確認とはそのマイビジネスが示す事業のオーナーであることをGoogleに申告することです。

オーナー確認を行っていないマイビジネスは非常に危険です。
悪意のあるなしに関わらず第三者より「閉店」タグをつけられる、
間違った営業情報を入力される、クチコミや評価が非常に悪くまだ来たことのないお客様の来店機会を失うなど経営に悪影響を及ぼすことになります。

とくに店舗経営などはしていない、「マイビジネス」という単語すら知らない一般ユーザーからすると、Googleマップ上に公開されるマイビジネスに掲載された情報は、オーナー確認が済んでいても済んでいなくても公式の情報として認識されます。

そのため間違った情報であってもそれが正しいと思われかねません。
ごく一部の人しか使用しないサービスならば無視も選択肢かもしれませんが、相手はGoogleです。

Googleは知名度もそうですが検索ソフトの性能が圧倒的優位でありIT業界において「今更参入してGoogleと競う意味がない」が共通認識になっているほどの世界的大企業です。
世界中の検索ツールとしてのシェアを占めている利用者数が圧倒的に多いマイビジネスに自分の店舗が存在していない場合や、正しく表示されていないなどのマイビジネスを放置している状態はあなたの店にとって非常に悪影響を及ぼしているかもしれません。

しかし間違った情報の入力を阻止するためだけにオーナー確認をするのではありません。

オーナー確認後のメリット

オーナー確認を済ませると、マイビジネスの管理画面にてさまざまな機能を無料で使用することができます。

たとえば

    • クーポンの発行やイベント告知
    • 臨時休業日のお知らせなどの情報発信
    • 投稿されたクチコミへの返信
    • お客様とのコミュニケーション機能
    • マイビジネスの集客効果測定
    • お客様があなたのお店に対して感じるイメージの集計
    • 何の検索ワードでそのマイビジネスが見つけられているか

など、営業戦略に役立つツールが多数あるなどのメリットがあります。

オーナー確認前のデメリット

悪意のあるユーザー

逆にオーナー確認せずに放置していると大変なデメリットになることもあります。

例えば…

  • 悪意のある人が、ご自身のビジネスを勝手に「閉業」にする。
  • 悪い口コミが書かれたままになっていて、それを見たお客様があなたのお店に行くのをやめてしまう…
  • 悪意のある人が、営業時間を勝手に変更の提案機能を使って変えてしまう
  • 店の商品では無い悪質な写真を大量に掲載されて店のイメージを落とされる

このような状況で放っておくことは大変な機会損失です。

悪意を持った方がいるとすればあなたの気づいていないうちにマイビジネスを使って店の信用を落とすなんてことも簡単にできてしまうのです。

もっと恐ろしい事は、あなたに変わって勝手に店のオーナーになりすましオーナー権限を先に関係の無い第3者に奪われてしまう事です。

こうなってしまうと簡単にあなたの権利を取り戻すことは出来ません。

法的手段等を使ってオーナー権限を奪還する事は可能かも知れませんが、それには弁護士費用などの多額の費用や時間などの労力を奪われてしまう事になります。

ではそうならないようにするためかつ検索結果に同業他社が表示されている中自社が選ばれるためにはにすぐにオーナー確認を行う必用があるのです。

弊社ではご自身で登録や設定の自信の無い方、本業で忙しくなかなか時間の取れない方向けに、オーナー確認を済ませる事のお手伝いと同時にGoogleマイビジネスを一般のお客様に選んでいただきやすい状態にするために登録および設定代行のサービスを安価で提供させていただいております。

是非Googleマイビジネス登録代行サービスをご利用下さい。

Googleマイビジネス登録代行サービス
Googleマイビジネスの登録方法でお困りの方は、Googleマイビジネス登録代行サービスを是非ご活用ください。 Googleマイ...

マイビジネスが存在していない場合

上記の方法でも見つからない場合は

マイビジネスがまだ存在していないので新規で作成を行う事になります。

Googleマイビジネス登録方法はこちら

Googleマイビジネス登録方法
Googleマイビジネスのオーナー確認もしくは、新規登録方法を解説いたします。 Googleマイビジネスの重要性・必要性について詳...

マイビジネスの現状が確認できたら

皆さんのGoogleマイビジネスの現状はご確認できましたでしょうか?

「存在していない」「オーナー確認ができていない」「十分な対策が出来ているとは思えない」など現状に満足できなかった方が多いのではないでしょうか?

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します