ぼかし処理は必要?不適切なコンテンツとは? Googleストリートビュー撮影で注意すべきことを解説します。

弊社では毎日、全国からGoogleストリートビューの撮影依頼をいただいております。

また、全国津々浦々でも弊社のパートナーがGoogleストリートビューを撮影しています。

その際、お客様から頻繁にいただくご質問があります。

また、ビジネスオーナーからお金を払っているにもかかわらず思い通りに撮影できないことについて不満の声をいただくこともあります。

その理由の多くは、Googleが定めるポリシー、ルールに拠るものですが、当然一般の皆様方はご存知無いことです。

Googleストリートビューを撮影・公開するにあたってまず基本となるルールが、

「Google 提供のストリートビュー画像に関するポリシー」

https://www.google.com/streetview/policy/

になります。

こちらは同じストリートビューでも車から撮影されているタイプについてではありますが、施設内のパノラマビューを撮影・公開している弊社のような業者も、原則としてはこのポリシーには従うべきと考えています。

そこで、実際の事例もご覧いただきながら、Googleストリートビュー撮影についての注意点を、特に「Googleストリートビュー撮影のポリシー」の視点からご説明していきます。

また、Googleストリートビュー撮影については撮影ポイントの取り方や移動方法なども決められています。

それらの注意点については以下の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

ストリートビュー撮影ルール

ストリートビュー撮影ルール
Googleストリートビューの撮影には細かな撮影ルールが定められています。

なお、この「Google 提供のストリートビュー画像に関するポリシー」自体が非常に抽象的な上、Googleも詳細な説明を行わないことから、100%正しい解釈である、と言い切れる業者はいないかもしれません。

そのため、これからの内容は、これまでの実務経験と様々な情報を基にした、あくまで弊社としての解釈であることをご了承願います。

「Google 提供のストリートビュー画像に関するポリシー」

「Google 提供のストリートビュー画像に関するポリシー」は大きく3つのコンテンツで構成されており、それぞれに説明があります。

  1. ストリートビューの画像はリアルタイムではありません
  2. 画像のぼかし加工
  3. 不適切なコンテンツ

以下詳説していきます。

ストリートビューの画像はリアルタイムではありません

「ストリートビュー画像は、撮影当日に通過した場所の様子をカメラで撮影したものです。その後の画像の処理には数か月かかるため、表示される画像は数か月から数年前の画像になります。長期にわたって画像が収集されている場所では、タイムマシン機能で画像の移り変わりを見ることもできます。」

ここでのストリートビューは走行しながら車載カメラでパノラマ画像を撮影しているストリートビューのことで、屋根にカメラを載せているGoogleのロゴマークが入った車を実際にご覧になられた方もいらっしゃると思います。

この車で撮影しているGoogleストリートビューに関係して多くいただくお問い合わせが、「(店の前の道を撮影している)Googleストリートビューが古くて自分の店が写っていないので、早く再撮影して欲しい」というものです。

残念ながら、車のGoogleストリートビューの撮影についてはGoogle自体が管理しており、私たちのような業者は無論、ビジネスオーナーも撮影を依頼することはできません。つまり、待つしかありません。

なお、Googleは年中、全国津々浦々で車を走らせ撮影しています。以下のサイトでは、その撮影予定を調べることができます。

撮影を予定している場所

https://www.google.co.jp/intl/ja/streetview/explore/

また、ビジネスオーナーから「道路のGoogleストリートビューから直接お店の中に入れるようにしたい」という要望をいただくことがあります。

実は2017年3月まで使用されていた編集アプリでは、施設内を撮影するGoogleストリートビューと道路を走っているそれを接続する機能を有していたので、そのアプリを使用して編集・公開されたGoogleストリートビューでは、両者の接続が可能なケースも多くありました。

しかし、現在はその接続を恣意的に行うことはできません。

なお、Googleストリートビューの自動接続機能によって「たまたま」つながるケースは存在しますので、撮影ポイントを道路の近くまで伸ばしておくと接続される可能性は高くなるかもしれません。

ストリートビュー 投稿者向けページ

https://www.google.com/intl/ja/streetview/contributors/

結合

「画像の撮影範囲を道路まで広げて、Google マップで結合しやすくする」

ただ、これも確実とは言えませんし撮影ポイントを伸ばす(増やす)ことが撮影費用にも関わってきますので、弊社では接続をお約束しての撮影は行っておりません。

画像のぼかし加工

「Google では、Google マップにストリートビュー画像を公開する際に、個人のプライバシーを保護するためのさまざまな施策を講じています。

Google では、人の顔や車のナンバー プレートにぼかしを入れるための最先端テクノロジーを開発しました。これにより、Google が提供するストリートビュー画像の中に識別可能な人の顔やナンバー プレートが含まれていると、ぼかし加工が施されます。人の顔やナンバー プレートに追加のぼかし加工が必要な場合、また自宅や車の全体、人物の全身にぼかし加工を施したい場合は、[問題の報告] からリクエストをお送りください。なお、一度適用したぼかし加工は取り消すことができませんのでご注意ください。ストリートビューの自宅の画像に対するぼかし加工をリクエストすると、過去と今後のすべての画像に同様のぼかし加工が施されます。

プライバシー補足情報: Google では、マップの特定の機能に特化したプライバシー保護の取り組みも行っています。ストリートビューを含むマップのプライバシーについては、プライバシー 補足情報を ご覧ください。」

上記と同じく車で撮影しているGoogleストリートビューをご覧いただくと、歩いている人の顔面にはぼかし処理が施されていますが、この作業は人の手ではなく自動化されているようです。

たまに顔面でないもの(バス停の標識やポスターなど)にもぼかしが入っていることもありますが、現在はかなり精度が上がっています。

上にある「プライバシー補足情報」は以下のページから確認できます。

ストリートビュー よくあるご質問(プライバシー補足情報)

https://support.google.com/maps/answer/3402585?hl=ja

「…加えて、個人を特定できる要素(人物の顔や自動車のナンバープレートなど)にぼかしを入れるよう努めております。 また、ユーザーから追加ぼかし処理依頼を受けた場合に、対象の自動車、住宅、人の画像全体にぼかし処理を施します。…」

(一部引用)

つまり「(ツールやシステムによって)ぼかし処理を施すように努力していますが、処理がされていない場合は申告してくれれば対応します」ということです。

これらのポリシーは車から撮影するGoogleストリートビューについてのものですが、弊社で公開する施設内を撮影するGoogleストリートビューについても、プライバシー保護の観点からこのポリシーに準拠して、

「お客様からの特別なご要望の無い限り、顔面とナンバープレートはぼかし処理を施して公開する。」

というルールを採っています。

ところで、かつてGoogleストリートビューがGoogleインドアビューと呼ばれていたころは、「顔面」と「ナンバープレート」のぼかし処理は必須でした。そのため、パノラマ内に写り込む人物は仮面を着けたり被り物を被っていたりしていました。(遊び心もあったかと思いますが)

しかし2015年9月より施設内を撮影するGoogleストリートビューでは、顔面のぼかし処理が必須で無くなりました。

その結果、少数ではありますがぼかし処理を施さずに公開される事例も見られるようになってきました。

https://goo.gl/maps/5i4FXGu9h5cPxesc6

また、そもそも顔出しでの公開を本人が許諾すればOK、とも読み取れるポリシーも存在します。

ストリートビュー アプリで 360° 写真にぼかしを入れる、または削除する

(マップヘルプ)

https://support.google.com/maps/answer/7011973?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

「…表示する許可を得ていない個人または情報が写真に含まれている場合は、第三者のプライバシーを保護するため、そうした要素をぼかすことをおすすめします。…」

こちらは施設内を撮影するGoogleストリートビューに関する規定ですが、この文章では、「じゃ、表示する許可を得ていればぼかし処理はいらないよね」とも読めてしまいます。

そのため、顔面のぼかし処理を施さずに公開することを前提に、「スタッフが働いている雰囲気で撮って欲しい」「(記念写真のように)スタッフ全員を撮って欲しい」という依頼を受けることもあります。

その際弊社では、以下のようにお答えしています。

「Googleのポリシー上の問題はありませんし、オーナー自身は結構ですが、スタッフの撮影はあまりお勧めできません。」

その理由として以下のように説明しています。

・ビジネスオーナーはともかく、スタッフについては(退職してから)何時までもGoogleストリートビューに写っていることを嫌がる人がいるかもしれない。

・例え撮影時にスタッフ全員から誓約書などで許諾を得ていたとしても、誓約書についてGoogleが原本を確認することはないので、クレーム(「問題の報告」による追加ぼかし処理依頼)が度重なると、最終的にはぼかし処理か、場合によっては削除が必要になる可能性がある。

当然、Googleが禁止している訳ではないので、ビジネスオーナーの強い要望があれば撮影・公開はさせていただきますが、そのリスクについてもきちんとご説明するのも私たちの重要な仕事と考えています。

不適切なコンテンツ

ここでは以下の8つの例について説明がされています。

  1. 知的財産権の侵害
  2. 露骨な性的表現を含むコンテンツ
  3. 違法、危険、または暴力的なコンテンツ
  4. 嫌がらせ、脅迫
  5. 悪意のある表現
  6. テロ関連のコンテンツ
  7. 児童を危険にさらすコンテンツ
  8. 個人の特定につながる情報

以下では、それぞれについて弊社での事例なども合わせて詳説していきます。

知的財産権の侵害

「著作権を含む他者の法的権利を侵害する画像または他のすべてのコンテンツは認められません。詳細を確認する場合や、DMCA に基づく申し立てを行う場合は、Google の著作権に関する手続きをご覧ください。」

DMCA(デジタルミレニアム著作権法)については以下のリンクをご参照ください。

https://www.seohacks.net/basic/terms/dmca/

撮影の際に非常に多くご質問を受けるのが、タレントの等身大のPOPや、タレントが写っているポスターの撮影は問題が無いか?です。また様々な商品やイベント(例えばオリンピック)などのロゴマークが入った物がGoogleストリートビューに写っても大丈夫か?という質問も少なくありません。

こういったご質問に対して弊社としては、

「著作権などの知的財産権について、正確な権利関係、法律関係は弊社では判断できないので、これらを配布(販売)しているメーカーや代理店に確認してください。ただ、現在まで弊社ではこれらが問題になったケースを確認していません。」

とご回答しています。

とは言え、今まで問題にならなかったから大丈夫と弊社が言い切れることではないので、

「もし、著作権などの知的財産権の侵害が気になるけど確認も面倒、ということでしたら、Googleストリートビューに写らないよう撤去、隠蔽していただく方が安全かと思います。」

ともお伝えしています。

また、映画や漫画のキャラクター人形やぬいぐるみについても聞かれることがあります。

これらについてはその数や施設内での使われ方によって法律的な問題が発生するかもしれませんが、許可が撮れている事を確認いただける場合や、棚の一角に置かれているだけ、ソファのクッションに使われているだけでしたら、同じようにご説明の上、そのまま撮影しています。

これまで弊社で公開した約4,000件のGoogleストリートビューにおいて、著作権など知的財産権の侵害を理由とした修正、削除の要請は一切ありません。

しかし、だからと言ってこれまで発生していないから問題ありません、と言い切ることも正しくないと思います。

著作権など知的財産に関する権利関係や使用ルールについては非常に細かい条件が定められていることも多く、現実問題として私たち撮影業者がそれらについて調査、確認して回答するのは困難であることもご理解いただければと思います。

露骨な性的表現を含むコンテンツ

「露骨な性的表現を含むコンテンツは許可されません。」

ポリシーでは「露骨な性的表現」について明確な基準や事例が上げられていないので、その判断は主観的なものにならざるを得ませんが、弊社はかなり厳格に解釈しており、例えば人物であれば裸体は基本的に撮影が難しいとお伝えします。

浴場ですと人がいない状態で撮影しますし、エステサロンの撮影などでよく見る「裸でうつ伏せ状態の上からタオル」についても着衣での撮影でお願いしています。

ただ、施設内を撮影するGoogleストリートビューでも水着姿のモデルが微笑んでいるポスターが写り込んでいるのはよく見かけますし、歓楽街を走るGoogleストリートビューではかなりきわどい看板などもぼかし処理をすることなく公開されていたりします。

性的表現の範囲、基準については撮影するフォトグラファーやビジネスオーナー、またGoogleストリートビューを観る個々人の主観も入るので一律に決めることは難しいですが、そのビジネス(店舗・施設)において性的なアピールとして認識される可能性があれば、このポリシーに抵触する恐れがあると判断しお客様にお伝えすることになります。

その上で、お客様からの非常に強い依頼があったケースについては、Googleまたは第3者による問題の報告によって、Googleストリートビューが削除される(またはマイビジネスが削除される)可能性があることを説明し、そのリスクをご理解いただいた上で撮影・公開しています。

また、そのリスクが著しく高いと弊社が判断した場合は、撮影・公開をお断りすることもあり得ます。

なお、性的なサービスを提供するビジネスについては、Googleストリートビュー撮影や公開は問題無い(ソープランドもマイビジネスを作成できますしGoogleストリートビューも撮影されています)ですが、性的なイメージを惹起させる画像やポスター、チラシ、玩具などは完全にNGとお答えしています。

違法、危険、または暴力的なコンテンツ

「本質的に違法なコンテンツ、危険な行為や犯罪行為を助長するコンテンツ、または露骨な暴力や不当な暴力を含むコンテンツは許可されません。」

これまででこちらに該当するマイビジネスについての撮影はありませんでした。

そもそもこの基準に該当するかどうかについて、商談や受注の時点で十分な確認を取ることは、弊社のような企業では事実上困難と言えます。

ですので、撮影契約を取り交わす際に、契約書に判社会的勢力の排除に関する文言を入れることでこれに抵触するリスクを回避しています。

嫌がらせ、脅迫

「ストリートビューを使って個人に対する嫌がらせ、いじめ、攻撃を行うコンテンツは許可されません。」

悪意のある表現

「人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性同一性に基づいて個人やグループに対する暴力を助長または容認するコンテンツは許可されません。」

テロ関連のコンテンツ

「メンバーの募集を含むいかなる目的であっても、テロ組織がこのサービスを利用することは認められません。また、テロ行為を助長したり、暴力を扇動したり、テロ攻撃を称賛したりするコンテンツなど、テロに関連するコンテンツは削除されます。」

これらについても、弊社ではこれまで該当する案件はございません。

昨今、政治信条や人種、LGBTなど社会的少数派に対する世界的な権利意識の高まりを受けて、Googleでもそういった人々に対する攻撃的な情報について非常に厳しい態度で臨んでいます。

またテロリズムへの協力は米国企業であるGoogleであれば当然許容される物ではないでしょう。

ですからGoogleストリートビュー撮影において、このポリシーに反する可能性がある情報(ポスター、パンフレットなど)を見つけた場合は、その除去または隠蔽をオーナーにお願いすることになりますし、それを受け入れていただけない場合は撮影・公開をお断りすることになります。

児童を危険にさらすコンテンツ

「Google は、児童の搾取や虐待にあたるコンテンツは一切容認しません。これには、性的虐待のあらゆる画像や、児童を性的に表現したすべてのコンテンツが含まれます。このような児童の搾取にあたると思われるコンテンツを見つけた場合は、Google の注意を喚起する目的であっても、そのコンテンツをさらに共有したり、コメントを投稿したりしないでください。インターネット上の他の場所でそのようなコンテンツを見つけた場合は、National Center for Missing and Exploited Children(NCMEC、全米行方不明・被搾取児童センター)に直接ご連絡ください。」

こちらも現在のところ、弊社では該当するビジネスの案件はありません。

ただ、こちらで指摘されている範囲については、国際的(欧米的)な価値観と日本のそれは大きく異なる場合があることは注意が必要です。例えば保育園でのGoogleストリートビュー撮影において、耐寒訓練として上半身裸で運動している児童の撮影は可能か?となれば、日本では微笑ましい風景だとしても欧米的な倫理観では不可となるかもしれません。

なお、少々脱線しますが、かつては大学・専門学校より低年齢の児童、生徒がいる学校(保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校)でのGoogleストリートビュー撮影については、生徒児童が写り込まないように撮影する、というルールがありました。

これは恐らくプライバシー保護、もしくは親権者のいない状態では児童生徒本人が肖像権について主張できない可能性がある、という理由と思うのですが、現在その規則は明示されていません。

そもそも車で撮影しているGoogleストリートビューでは顔面のみぼかされた状態で従来から公開されています。

しかし、児童生徒がいる施設が特定されることで、例えば誘拐や連れ去りの要因になったとの非難を受ける恐れも否定できません。

そのため、あくまで弊社の規準ではありますが、Googleとしては問題無いとしても、親権者からのクレームがあるかもしれない、という理由から保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校及びその年代の児童生徒が通う学習施設等においては、児童生徒がいない状態(少なくとも個人が判別できない状態)での撮影をお薦めしています。

(通常の店舗・施設の外観撮影時に生徒児童が写り込んだ場合は、車で撮影しているGoogleストリートビュー同様に顔面にぼかし処理を施した上で公開しています。)

個人の特定につながる情報

「クレジット カード情報や医療記録、政府発行の身分証明書など、ご自身や第三者の個人の特定につながる情報を含むコンテンツは許可されません。」

弊社では一眼レフ機と魚眼レンズを使用してGoogleストリートビュー撮影を行っておりますので、公開される画像も非常に鮮明です。

そのため、個人情報が読み取れる状態で公開される可能性も高いことから、これらの確認作業には常に大きな注意を払っています。

例えばクリニックの撮影時には、事務所内が写り込むこともあります。その際、カルテなどの医療情報は無論、連絡先や個人名が描かれたメモ、ポストイットなどのプライバシー情報についても移動や隠蔽をお願いしています。

また、下駄箱や机のネームプレート、児童が描いた絵画などの名札、老人ホームでの表札、職員の顔写真なども原則としてぼかし処理を施します。

なお、学校での撮影については上述しましたが、それ以外に病院・クリニックでの撮影の場合もプライバシー保護の理由から患者さんがいない状態で撮影することをお勧めしています。

かつては病院を含むいくつかの施設について、撮影不可、又は患者のいない状態でしか撮影できませんでしたが、現在そういった制限は無くなっています。

その意味では何の制限も必要無いかもしれませんが、仮に顔面にぼかしを入れるとしても服装や持ち物などで個人が特定できる可能性もあります。

来院患者で賑わう待合室の撮影をご要望のビジネスオーナー(病院、クリニックの院長先生など)には、通院(や病歴)は非常にプライベートでセンシティブな個人情報と言えますから、ぼかし処理を施すとは言え敢えて人物を撮影することで、患者個人が特定されるというリスクを冒さなくても良いのでは?とご説明しています。

いかがでしたでしょうか?

今回、かなり細かい内容まで解説していますので、かえってご不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが当然弊社では、こういった点についてご質問を受けた際は必ずご説明いたしますので、どうかご安心ください。

また、これらの注意点についてGoogleストリートビュー撮影・公開において致命的な問題となったことはまず記憶にありませんし、例え自由にならない点があるとしても、Googleストリートビューを公開することによって得られるメリットは非常に大きいと皆様が喜ばれています。

まずは一度、お問合せくださいませ。

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します