NAPがMEOで重要な理由

スポンサーリンク
Simplicityレンタングル広告(大)

NAPとは

NAPとは

Name(店舗や企業の名前)

Address(住所)

Phone(電話番号)

の頭文字を表しています。

インターネットに色々な情報が氾濫する世の中で、あるお店の事を検索しようとしたとき、公式ホームページの情報以外にも各種公式ソーシャルネットなど、公式だけでも複数存在する世の中です。

検索エンジンはそういったインターネット上のありとあらゆる情報の中から特に関連性の高い情報を集めて紹介するように進化し続けています。

当然、Googleなどの検索エンジン大手はどんどんそのような仕組みを勝手に進化させてくれますが、いざ自分のお店の情報を、より多くの人に知ってもらいたい経営者の立場から考えると、よりGoogleなどの検索エンジンにしっかりと検索に引っかけてもらう事が重要になります。

検索で上位に常時されるお店と言う意味では簡単に考えると有名店などが考えられると思いますが、インターネット上で有名店とはどんな店のことでしょうか?

公式サイトの情報だけで無く、ソーシャルネットのFacebookやGoogle+、Instagramなどのチェックインやハッシュタグ付きで写真が紹介されるなど「話題」になっている事をGoogleなどの検索エンジンもどれだけ「話題」になっているかを把握して順位表示に影響を与えています。

そういった中で、Googleの検索ロボットがあなたのお店が仮に渋谷にあったとして、その情報がネットで「話題」になってたとしてもそれぞれネットに掲載されている店の名前が「ひらがな」であったり「漢字」であったりちょっと店名が違っていたり住所の番地表記がちょっと違っていたりなどの問題があると、せっかくネットで話題になっているのにそれが同一の店と把握されずせっかくの「話題」のボリュームを過小評価されてしまうことになります。

その様なことが起こらないようにする上で気をつけるべきことがNAPです。

原則、ネット上に表示するすべてのコンテンツに記載する

Name(店舗や企業の名前)

Address(住所)

Phone(電話番号)

を一字一句違わない書式で統一する事が理想となります。

このNAPの情報が完全一致していることで検索エンジンは同一店舗の情報であると認識してくれますし、ユーザーがSNSなどで拡散する際も、このNAPが公式で統一されていればそれを拡散してくれることにつながります。

英語文化のアメリカなどの欧米社会に比べ、日本は「漢字」「ひらがな」「カタカナ」「半角カタカナ」「全角数字」「半角数字」など、人が見れば同一と感じていてもシステムが判断する際に別物と認識してしまう罠が沢山有ります。

NAPは日本だからこそ一層注意を行う必要がある対策と言えるのでは無いでしょうか。

インバウンド時代のNAP

NAPを統一することは上で記した様に重要ですが、日本社会において対日本人に関しては上記の対応で問題ありません。
しかし日本でのインバウンド(訪日外国人)需要が増える中、どうしても外国人向けの表記が必要になってきます。

インバウンドが今後皆さんのお店で重要になるのであれば、

Name(店舗や企業の名前)

にあたる店名や企業の名前の外国語表記は会社として表記方法を定めてGoogleマイビジネスなどにも登録しておくことをお奨めします。

当然、Googleマイビジネスに表記した外国語表記とホームページに掲載する外国語表記を合わせておく事も重要です。

スポンサーリンク
Simplicityレンタングル広告(大)

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します

スポンサーリンク
Simplicityレンタングル広告(大)