MEO順位ランキング要因

MEOを行う事によりローカル検索で、検索順位を上位に上げるためには、Googleがどのような要因を元に順位を決定しているかを知る事が対策を行う上で重要です。

ここではGoogleがどのようにしてローカル検索結果における順位決定を行っているかを詳しくご紹介いたします。

2018年のローカル検索ランキング要因調査の発表

ローカル検索はこの1年で急激な進化を遂げています。

今年の最大の変化は、クチコミの重要性が増加し、サイテーションの重要性が低下している事です。

引用元

Googleマイビジネスの急成長

GoogleはGoogleマイビジネスに積極的に機能を追加しています。

彼らは将来ローカルでの広告収入の増加の可能性に対して先日閉鎖を決定したGoogle+の目指していた方向性をGoogleマイビジネスに集約する方針で進んでいるようです。

2017年のローカル検索ランキングの発表以降にリリースされたGoogleマイビジネスの主要機能の一部を以下に紹介します。

  • すべてのGoogleマイビジネスユーザーが利用出来るGoogle投稿
  • Google Q&A
  • ウエブサイトビルダー
  • サービス内容
  • メッセージング
  • 動画
  • Google投稿の動画

これらの機能により、今日のローカル検索を推進している要因の重要性に変化が生じています。

今年は調査の歴史の中でGoogleマイビジネス特有の要因が最も爆発的に増加しました。

ローカル検索における順位要因の中でGoogleマイビジネスのGoogleマイビジネスの発する要因における順位構成要素は2017年の調査の19%に比べ2018年では25%に増加しています。

テーマ別要因 2017 2018 変化
Googleマイビジネス 19.01% 25.12% ↑32.14%

ローカルパック順位構成要素内訳2018年度版

Google投稿、GoogleQ&A、写真や動画の掲載などのGoogleマイビジネス固有の機能は、ランキング構成要素のとして頻繁に言及されています。

多くの企業はまだローカル検索のこれらの課題に投資をしていないので、これらの機能は現在競争優位に立つために非常に有効な手段です。

みんながやる前に、あなたはこれらに対処すべきです。

  1. Googleマイビジネス(近接性、カテゴリ、ビジネスタイトルのキーワードなど)25.12%
  2. リンク(インバウンドアンカーテキスト、リンクドメインオーソリティ、リンクドメイン数など)16.53%
  3. クチコミ(レビュー量、レビュー速度、レビューの多様性など)15.44%
  4. オンページ(NAPの存在、タイトル内のキーワード、ドメインの権限など)13.82%
  5. サイテーション(IYP /アグリゲーターのNAPの一貫性、引用量など)10.82%
  6. 行動(クリックスルー率、電話でのクリック、チェックインなど)9.56%
  7. パーソナライゼーション 5.88%
  8. ソーシャル(Googleのエンゲージメント、Facebookのエンゲージメント、Twitterのエンゲージメントなど)2.82%

定義

Googleマイビジネスのリスト

Googleマイビジネス掲載情報はGoogleマイビジネス管理画面で編集可能です
Googleマイビジネスは以下の3か所で公開されます

  1. Google検索(ナレッジパネル
  2. Googleマップ(ナレッジパネル
  3. ローカルファインダー(ナレッジパネル
Googleマイビジネスランディングページ

Googleマイビジネスリストがリンクしているページ。通常はホームページまたはロケーションページです。

ローカルパック

ほとんどのローカル検索用語に対して表示される通常のローカル3パック。(例:渋谷 皮膚科

ローカルABCパック

各結果の左側にA、B、Cと表示されるローカル3パック。このタイプは、レビューの星、評価、数は表示されません。

このパックタイプは、 “Starbucks”などのブランド名での検索や、ガソリンスタンドなど検索の用語で返されます。(例:渋谷 ガソリンスタンド

ローカルスナックパック

このスタイルの地元の3パックは、食事、サービス、および娯楽のために登場します。

結果には写真が掲載されますが、電話番号、ウェブサイトへのリンクはありません。(例:渋谷 レストラン

ローカルファインダー

ローカルパックの下部にある[さらに表示]リンクをクリックしたときに表示される
ローカル検索結果の完全なリスト

ローカルサービス広告

これらの特別パックは、ローカルサービスと呼ばれるGoogleの有償のリード生成プログラムによって生成されます。これらのパックは、特定の産業や都市のローカル検索結果の上部に表示されます

一般的なランキングの要因

  • Googleマイビジネス(近さ、カテゴリ、ビジネスタイトルのキーワードなど)
  • 話題性(店舗や会社名,所在地,電話番号の一貫性、引用ボリュームなど)
  • ホームページ(表記揺れの無い店舗や会社名,所在地,電話番号の存在、タイトル内のキーワード、ドメイン評価など)
  • リンク(インバウンドアンカーテキスト、被リンク先、被リンク数など)
  • クチコミ(レビュー量、レビュー速度、レビューの多様性など)
  • ソーシャル(Google+の繋がり、Facebookの繋がり、Twitterの繋がり、Instagramの繋がりなど)
  • ユーザーの反応/モバイル(クリック率、電話をかけるクリック数、ルート検索数、ウェブへのアクセス数、滞在時間など)
  • パーソナライズ

要因ランキング

トップ50ローカルパックファインダーファクター

  1. 検索地点への住所の近接性(検索場所からマイビジネスへの距離)
  2. 検索都市内の住所立地
  3. Googleマイビジネスカテゴリーの適切な設定
  4. 製品名やサービスキーワードがGoogleマイビジネスビジネスタイトルに含まれている
  5. 住所キーワードがGoogleマイビジネスビジネスタイトルに含まれている
  6. ドメインへのインバウンドリンクの品質/評価
  7. Googleマイビジネス メインカテゴリーは、検索カテゴリーのより広いカテゴリーに設定します(例:ピザ屋のメインカテゴリはレストランに設定)
  8. ネット上でのそのマイビジネスに対する話題の一貫性
  9. ウェブサイトのドメイン評価
  10. Googleマイビジネス入力項目の達成度
  11. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクの品質/評価
  12. Googleマイビジネスクチコミ(文章付き)の数と評価
  13. 検索結果からのクリック率
  14. 製品/サービスキーワードに対するクチコミ評価
  15. 構造化された話題性の品質
  16. 地元のネット情報からのインバウンドリンク数と評価
  17. 町の中心地への住所の近接
  18. 製品名やサービスキーワードがGoogleマイビジネスランディングページタイトルに含まれている
  19. Googleユーザーによるビジネスへの高い評価(4〜5など)
  20. GoogleマイビジネスランディングページURLのページ評価
  21. 同一層からの話題の一貫性
  22. 住所キーワードがGoogleマイビジネスランディングページタイトルに含まれている
  23. Googleマイビジネス掲載内容への繋がりの数(リストのスクロール、写真のクリック、レビューの閲覧、Q&Aの閲覧、投稿のクリックなど)
  24. 業界からの注目
  25. 世間での話題の品質/評価(新聞記事、ブログ投稿、政府系サイト、業界団体)
  26. 商号の検索量
  27. 他の同業者との市街地中心エリアへの近さ
  28. Googleマイビジネスの登録期間の長さ
  29. Googleマイビジネス掲載内容が確認済みであること
  30. ホームページの店舗や会社名,所在地,電話番号とGoogleマイビジネス記載の店舗や会社名,所在地,電話番号との表記揺れ
  31. ビジネスへの運転ルート
  32. 第3者のクチコミ評価
  33. ドメインへのインバウンドリンクの多様性
  34. レビューが掲載されている第三者のサイトの評価
  35. モバイルフレンドリー/レスポンシブウェブサイト
  36. 業界関連ドメインからランディングページURLへのインバウンドリンク数
  37. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のロケーションキーワード
  38. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンク数
  39. ポジティブ意見のクチコミ
  40. ビジネスに電話するためのクリック
  41. Googleマイビジネスリスティングのローカルエリアコード
  42. ウェブサイト全体の質の高いコンテンツの量
  43. 商号の検索速度
  44. 地域(市/地域)キーワードのドメイン関連性
  45. Googleマイビジネス掲載と写真の質と数
  46. 評論家による最高評価リストへの掲載
  47. 地域関連ドメインからの引用数
  48. レビューアによる高い数値評価(例:Yelp Elite、Google Local Guidesなど)
  49. レビューの全体的な速度(ネイティブ+サードパーティー)
  50. トピック(製品/サービス)キーワードドメインコンテンツの関連性

地元の有機性要因トップ50

  1. ドメインへのインバウンドリンクの品質/評価
  2. ウェブサイトのドメイン評価
  3. ドメインへのインバウンドリンクの多様性
  4. トピック(製品/サービス)キーワードドメインコンテンツの関連性
  5. モバイルフレンドリー/レスポンシブウェブサイト
  6. 地域(市/地域)キーワードのドメイン関連性
  7. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内の製品/サービスキーワード
  8. 検索結果からのクリック率
  9. ドメインへのインバウンドリンク数
  10. 業界関連ドメインからドメインへのインバウンドリンク数
  11. ウェブサイト全体の質の高いコンテンツの量
  12. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のロケーションキーワード
  13. Googleマイビジネスランディングページの製品/サービスキーワード
  14. ローカル関連ドメインからドメインへのインバウンドリンク数
  15. Googleマイビジネスランディングページのタイトル
  16. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクの品質/評価
  17. 業界関連ドメインからランディングページURLへのインバウンドリンク数
  18. 検索都市内の住所立地
  19. ドメイン内のキーワード
  20. 重要な業界関連ドメインの注目
  21. ドメイン内の製品/サービスキーワード
  22. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のビジネスタイトル
  23. 商号の検索量
  24. ネット上でのそのマイビジネスに対する話題の一貫性
  25. GoogleマイビジネスランディングページURLの読み込み時間
  26. 構造化引用の品質/評価
  27. 検索地点への住所の近接性(検索場所からマイビジネスへの距離)
  28. GoogleマイビジネスランディングページURLの構造/店舗や会社名,所在地,電話番号の一貫性
  29. ドメインに対するアンカーテキストの多様性
  30. 世間での話題の品質/評価(新聞記事、ブログ投稿、政府系サイト、業界団体)
  31. レビューが掲載されている第三者のサイトの評価
  32. 商号の検索速度
  33. ホームページの店舗や会社名,所在地,電話番号とGoogleマイビジネス記載の店舗や会社名,所在地,電話番号との表記揺れ
  34. ほとんどすべてのWebサイトのタイトルタグへのロケーションキーワードの掲載
  35. GoogleマイビジネスランディングページURLのページ評価
  36. サービスページの質の高いコンテンツの量
  37. ドメインへの新しいインバウンドリンクの速度
  38. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンク数
  39. 適切なGoogleマイビジネスカテゴリー
  40. WebサイトはデフォルトでHTTPSを使用
  41. Googleマイビジネス メインカテゴリーは、検索カテゴリーのより広いカテゴリーに設定します(例:ピザ屋のメインカテゴリはレストランに設定)
  42. Googleマップを埋め込む際にGoogleマイビジネスランディングページを指定
  43. Googleマイビジネスランディングページのコンテンツ量
  44. 評論家による最高評価リストへの掲載
  45. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のロケーションキーワード
  46. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクの多様性
  47. 業界関連ドメインからの引用数
  48. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクのアンカーテキストの事業タイトル
  49. 地域関連ドメインからの引用数
  50. GoogleマイビジネスランディングページURLへのアンカーテキストの多様性

トップ30の基本的要因

  1. 適切なGoogleマイビジネスカテゴリー
  2. 一次データソースにおける引用の一貫性
  3. 検索都市内の住所立地
  4. 検索地点への住所の近接性(検索場所からマイビジネスへの距離)
  5. Googleマイビジネス入力項目の達成度
  6. 同一層からの話題の一貫性
  7. Googleマイビジネスのオーナー確認済み
  8. ホームページの店舗や会社名,所在地,電話番号とGoogleマイビジネス記載の店舗や会社名,所在地,電話番号との表記揺れ
  9. 構造化された話題性の品質
  10. モバイルフレンドリー/レスポンシブウェブサイト
  11. Googleマイビジネス メインカテゴリーは、検索カテゴリーのより広いカテゴリーに設定します(例:ピザ屋のメインカテゴリはレストランに設定)
  12. アグリゲータと話題にしている層に関する適切なカテゴリの関連付け
  13. Googleマイビジネスビジネスタイトルの製品/サービスキーワード
  14. ウェブサイトのドメイン評価
  15. 引用の充実
  16. 重要な業界関連ドメインの注目
  17. ドメインへのインバウンドリンクの品質/評価
  18. トピック(製品/サービス)キーワードドメインコンテンツの関連性
  19. 第2階層における話題の一貫性
  20. Googleマイビジネスリストと写真の関連付け
  21. 業界関連ドメインからの引用数
  22. 地域関連ドメインからの引用数
  23. 地域(市/地域)キーワードのドメイン関連性
  24. 町の中心地への住所の近接
  25. Googleマイビジネスの登録期間の長さ
  26. Googleマイビジネスリスティングのローカルエリアコード
  27. Googleマイビジネスクチコミ(文章付き)の数と評価
  28. GoogleマイビジネスランディングページURLの構造/店舗や会社名,所在地,電話番号の一貫性
  29. 構造化引用数(IYP、データアグリゲータ)
  30. GoogleアカウントドメインとGoogleマイビジネスランディングページドメインのマッチング

トップ30の競合製品

  1. ドメインへのインバウンドリンクの品質/評価
  2. Googleマイビジネスクチコミ(文章付き)の数と評価
  3. ウェブサイトのドメイン評価
  4. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンクの品質/評価
  5. レビュー内の製品/サービスキーワード
  6. Googleユーザーによるビジネスへの高い評価(4〜5など)
  7. 地元のネット情報からのインバウンドリンク数と評価
  8. 検索結果からのクリック率
  9. ポジティブ意見のクチコミ
  10. ウェブサイト全体の質の高いコンテンツの量
  11. 業界関連ドメインからドメインへのインバウンドリンク数
  12. Googleマイビジネスビジネスタイトルの製品/サービスキーワード
  13. レビューアによる高い数値評価(例:Yelp Elite、Google Local Guidesなど)
  14. トピック(製品/サービス)キーワードドメインコンテンツの関連性
  15. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内の製品/サービスキーワード
  16. 検索地点への住所の近接性(検索場所からマイビジネスへの距離)
  17. ドメインへのインバウンドリンクの多様性
  18. サードパーティサイトでのクチコミ評価
  19. Googleマイビジネス入力項目の達成度
  20. 世間での話題の品質/評価(新聞記事、ブログ投稿、政府系サイト、業界団体)
  21. 投稿されたGoogle投稿の量
  22. クチコミのキーワード
  23. 住所キーワードがGoogleマイビジネスビジネスタイトルに含まれている
  24. レビューが掲載されているサードパーティサイトの多様性
  25. ドメインへのインバウンドリンク数
  26. GoogleマイビジネスランディングページURLへのインバウンドリンク数
  27. ビジネスに電話するためのクリック
  28. GoogleマイビジネスランディングページURLのページ評価
  29. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のビジネスタイトル
  30. 商号の検索量

過去1年間で専門家が注目している10の要因

  1. ドメインへのインバウンドリンクの品質/評価
  2. 投稿されたGoogle投稿の量
  3. Googleマイビジネスクチコミ(文章付き)の数と評価
  4. トピック(製品/サービス)キーワードドメインコンテンツの関連性
  5. Googleマイビジネスの場所とビデオの関連付け
  6. Googleマイビジネスリストと写真の関連付け
  7. Googleマイビジネスランディングページのコンテンツ量
  8. 業界関連ドメインからランディングページURLへのインバウンドリンク数
  9. Googleマイビジネスランディングページの所在地が他の場所に含まれる場合のリンク
  10. 地元のネット情報からのインバウンドリンク数と評価

過去1年間で専門家がより少ない焦点を当てている10の要因

  1. 第3階層引用元における話題の一貫性
  2. 構造化引用数(IYP、データアグリゲータ)
  3. 町の中心地への住所の近接
  4. Google+でのエンゲージメントメトリクスの数量(+1、コメント、共有)
  5. Google+での評価基準(+1、コメント、共有)
  6. 第2階層における話題の一貫性
  7. 引用の充実
  8. Facebook上のエンゲージメントメトリクスの量(いいね、コメント、シェア)
  9. 第3者のクチコミ評価
  10. ドメインへのインバウンドリンクのアンカーテキスト内のロケーションキーワード

マイナス要因

    1. 誤った住所で掲載
    2. 住所が私書箱、UPS Mail Store、またはその他の誤った住所。
    3. 誤った業種
    4. ハッキングされたサイト/マルウェアの存在
    5. あなたのGoogleマイビジネスリストへの違反の報告
    6. Googleマイビジネスが閉鎖扱いになっている
    7. Googleマイビジネスアカウントと他の抑制されたリストとの関連付け
    8. 同じ住所に重複したマイビジネスが存在する
    9. Googleマイビジネスランディングページの住所の不一致
    10. 同じまたは類似の名称と住所を持つ同じカテゴリ内の複数のGoogleマイビジネスの存在
    11. Googleマイビジネスでマップマーカーが正しく配置されていない
    12. プライマリデータソースのデータの不完全/欠落
    13. データエコシステム全体でのNAP(店舗や会社名,所在地,電話番号)の不一致/電話番号の追跡
    14. Googleクチコミの否定的な書込
    15. 同じ電話番号を持つ複数のGoogleマイビジネスリストが存在する
    16. Webサイトにクロール可能なNAP(店舗や会社名,所在地,電話番号)がない
    17. Googleレビューの低い数値クチコミ評価(例1–2)
    18. あなたのGoogleマイビジネスリストへの偽のレビューの報告
    19. カテゴリーがマッチしていない
    20. Googleマイビジネスランディングページにクロール可能なNAP(店舗や会社名,所在地,電話番号)がない
    21. Googleマイビジネスアドレスを隠そうとしている
    22. Googleマイビジネスのキーワード詰め込み商号
    23. Googleマイビジネスでのサービス提供エリアの選択(来店目的とは対照的)
    24. レビューゲートのレポート
    25. GoogleマイビジネスランディングページのNAP(店舗や会社名,所在地,電話番号)の不一致
    26. Googleマイビジネスで唯一の電話番号としてフリーダイヤルナンバーを掲載
    27. Googleマイビジネスへの営業時間記載が無い
    28. 直近に集中したGoogleレビューの受信が多すぎる
    29. 第三者によるレビューの低い数値評価(例1–2)
    30. 第三者による否定的な意見
    31. Googleマイビジネスランディングページに複数のクロール可能なNAP(店舗や会社名,所在地,電話番号)が存在する
    32. WebサイトのSchema / JSON-LDでお客様の声として第三者のサイトからコピーしたレビュー
    33. Googleマイビジネスランディングページのタイトルタグのキーワード詰め物
    34. Webサイト上の不正な電話番号(ダッシュの代わりにドットまたはスペース)
    35. 同じ場所の多言語Googleマイビジネスリスト
    36. 不一致または非公開のWHOIS情報
    37. Googleマイビジネスのキーワード詰め込み説明
    38. Googleマイビジネス Q&Aのキーワード詰め物
    39. GSchema / JSONにサードパーティレビューが存在する

今すぐ行うべき対策リスト

    1. 今すぐGoogle投稿の使用を開始すべきです。少なくとも週1回、余裕があれば週に数回。あなたは既にFacebook、Instagram、Twitterのいずれかに投稿していますか?Google投稿にも同じ様に軽く編集したコンテンツを使うだけです。またGoogle投稿で反響を促し経路検索や電話発信を使用してコンバージョンを促進することもできます。
    2. あなた自身で質問と回答でQ&Aをお客様が知りたいであろう内容のFAQを作成してください
    3. 写真や動画を定期的に掲載して下さい。
    4. あなたのお店のプロフィールが100%完成していることを確認してください。Googleマイビジネスに空のフィールドが有る場合は、それをすべて埋めてください。

何故これらの活動が重要なのか、その理由は追加するコンテンツから得られる潜在的な関連性の向上に加え、貴重なエンゲージメントを送信できます。

マイビジネス管理画面に定期的にログインしてコンテンツを追加することで、Googleはマイビジネスに積極的に関わっているオーナーであることを認識します。Googleに対するアピールだけでなく、ユーザーに対しても魅力的なコンテンツをユーザーに提供する事でユーザーがあなたのマイビジネスの表示回数や滞在時間が増え、その表示数や滞在時間、反響数がまた順位を上げる要素につながるのです。

順位構成要素の中でウエートが広がっているクチコミ

順位構成を決める要素の中で特にウエートが高まっているのがクチコミです。

2015年のクチコミのウエートは10.8%だったのが過去3年で評価の重要性は43%増加しました。

テーマ別要因 2015 2017 2018 変化
評価 10.8% 13.13% 15.44% ↑42.96%

クチコミがランキングの上昇に影響するのは、クチコミの数や星の数だけでは無く、クチコミの文章内に含まれる単語(キーワード)も重要度を高める大きな要因です。

クチコミで順位を上げるための4つのアクション

  1. 多くのクチコミを集めるためにすべての顧客にクチコミを求めてください
  2. クチコミを書く時に特定のサービスや製品について言及するように顧客に依頼することで、クチコミにキーワードを埋め込む事ができます。
  3. すべてのクチコミに返信してください。
  4. クチコミを集めるために名刺やチラシなどにクチコミへのリンクをQRコードを利用して掲載してください

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します