Googleマイビジネスインサイトの活用方法

Googleマイビジネスを初めてみたけど管理画面にあるインサイトっていったい何を意味するものでどう活用すれば良いのだろう?

参考になりそうな数字は表示されているがその数字やグラフをどのように読み解いてGoogleマイビジネスを活用した集客に活かせば良いのだろうか?

Googleマイビジネスを使い始めてすぐはそんな疑問で頭がいっぱいではないでしょうか。

Googleマイビジネスの管理画面にはインサイトというGoogleマイビジネスがユーザーにどのように見られているか、また反応されているかの過去と現状を把握するためのレポートを表示する機能が提供されています。

店舗への集客を左右する重要なヒントがこのインサイトには含まれています。

しかし、Googleサイトに記載のヘルプ画面だけでは何をすれば良いのか具体的な行動がわかりにくいためにGoogleマイビジネスのインサイト画面を活用できないとのお問合せを弊社では多数頂いております。

Googleマイビジネスのオーナー確認を済ませてGoogleマイビジネスの管理ツールにアクセス出来る様になりましたら、定期的にGoogleマイビジネスのインサイトをチエックしてより多くの店舗集客を獲得できるようにインサイトの情報を参考にしながら改善することがとても重要です。

そこではGoogleマイビジネスインサイトの読み解き方と活用方法を皆様にわかりやすく解説させて頂きます。

ユーザーがビジネスを検索する方法

「この項目では、お客様のビジネスを見つけたユーザー数と見つけた方法を確認できます。ダッシュボードでグラフをクリックまたはタップすると、それぞれの検索方法でお客様のビジネスを見つけたユーザーの割合が表示されます。」

語句

・ダッシュボード
 インサイト内のグラフ(=バルクレポート)

・ユーザー
 検索する人

・お客様
 当該インサイトの対象となるビジネス(お店、施設、クリニックなど)

・見つけた
 マイビジネスがGoogleマップの検索結果でリスト表示された、またはGoogleマップ上にビジネスのアイコン(コイン)が表示されたこと。

・ビジネス
 マイビジネスではGoogleマイビジネスに情報を掲載しているお客様のお店、施設、クリニックなどを指ます。

・ビジネス名
 お客様のお店の店名、施設の名称、クリニックの名前。
 マイビジネスの検索においては最も影響力のある項目で、店名以外の情報が記載されGoogleがポリシー違反と判断した場合はリスティングの削除やオーナーアカウントの停止など厳しい処罰を科される恐れがあります。

・リスティング
 マイビジネスにおけるリスティングとは、「お客様の店舗、施設の情報をひとまとめにしたもの」、つまり「マイビジネスそのもの」を指します。
 ※ちなみにGoogle広告(AdWords)ではリスティング広告(検索連動型広告)の意味になります。

・カテゴリ
 ビジネスの事業内容。マイビジネスにはメインに加え複数のサブカテゴリを登録可能。
 連想検索に対応しているため、「イタリア料理」のカテゴリは、「ピザ」「レストラン」で検索したユーザーにもマイビジネスが表示される可能性があります。

・ローカル検索
 カテゴリや地域、駅や空港などランドマークと、キーワードによる検索。
 お客様のビジネス名を知らない場合の検索法。

例)「三宮+焼き鳥」「大久保駅+エステ」「近くのラーメン」「(位置情報を提供した状態で)ランチ」

注意点

・このグラフはビジネスを名前またはカテゴリで検索したユーザー数が表示されます。
それらは個別に計算されるため、ユーザーが間接検索を行った後に直接検索した場合は、検索数は2回(または各セクションごとに 1 回)としてカウントされます。

直接

ビジネスの名前や住所を直接検索したユーザ

ビジネス名や住所を直接入力して検索した結果、お客様のマイビジネスを見つけたユーザー数。

この検索を行うユーザーは、TVなどのメディアや友人など、他の情報からお客様の情報を入手し、名称やサービスについては簡単に知っているが、詳細情報や経路など確認する目的のために検索することが考えられます。

検索の目的が明確ですから、来店に結びつく可能性は非常に高いと考えられますが、マイビジネスの掲載内容が充実してなければ興味を失ってしまうことが考えられますので、画像や投稿、口コミによる情報提供を十分に行うことで、ユーザーの関心をさらに高め競合店へ関心を逸らさない工夫を行うことが重要です。

間接

カテゴリや商品、サービスで検索してお客様のリスティングを見つけたユーザー

提供している商品やサービス、またそのカテゴリを検索し、お客様のリスティング(マイビジネス)が表示されたユーザー数。

この検索を行うユーザーは、お客様の情報を知らない、言い換えれば新規顧客となる可能性が高い見込み客と考えられます。

 Googleマイビジネスの間接検索で表示される検索機能には、Googleマイビジネスのメインカテゴリと追加カテゴリに何を選んでいるかの他に、クチコミに書かれている文章の単語や投稿に掲載されている内容、Googleマイビジネの情報ページで登録しているウエブサイトに記載されているコンテンツの内容、そしてNAPが共通しているインターネット上のコンテンツのサイテーション情報などから検索キーワードとの関係を連想し、検索結果として表示させる機能を持っています。

 マイビジネス内の情報、投稿機能やクチコミ、メッセージなどに検索でヒットさせたい重要なキーワード語句を積極的に入れると共に、自社の店名やサービス名、商品名などがネットで話題になるよう努めることで、間接検索経由での集客を増やすことが可能になります。

ブランド名

お客様のビジネスに関連するブランドを検索してお客様のリスティングを見つけたユーザー

お客様のブランドや、お客様のビジネスと関連のあるブランドを検索したユーザー。
このカテゴリは、ブランド検索でお客様のリスティングが 1 回以上表示された場合にのみ表示されます。」

お客様のビジネスのブランド名や関連するブランド検索の際に関係性が高いと判断されてお客様のリスティングが表示されたユーザー数。

この機能はかつてローカル検索としてカウントされていたが、それを細分化したものと考えられる。

ブランド名が強い商品、サービスを扱っている場合は有効。

例)「『三ノ宮駅+マクド』で検索すると複数のマクドナルドが検索結果に表示された」
 ここで自店(例えば三宮北口店)が表示された場合が該当します。

 ※『マクド+三宮北口』で検索し、三宮北口店が表示された場合は直接検索となる。

例)三ノ宮駅辺りで『大阪王将』で検索すると、「大阪王将」のリスティングの中に「(餃子の)王将」のマイビジネスが表示された。

 ※違うブランド(会社)ではあるが、ブランド名が似通っている、普遍性がある場合などはマイビジネスが表示されることがあります。

 例)三ノ宮駅を中心に『マクドナルド』で検索したところ、マップ内に「フレッシュネスバーガー」のアイコンが表示される。

 ※こちらも違うブランドだが、近隣にある、類似するカテゴリ(ハンバーガーショップ、ファーストフードなど)と判断された場合はリスティングに表示されなくてもマップにアイコンが表示される時があります。

ポイント

直接検索は「ユーザーが現時点でビジネスを認知している」、つまりこれが多いということはビジネスの知名度が高いことになります。

間接検索は「ユーザーが現時点でビジネスを認知していない」「自分のニーズを満たす場所を探している」ことなので、新規顧客となる可能性が高く、これを増やす努力が必要です。

ブランド(商品、グループなど)自体の認知が高くそれを前面に出すことが有効な場合は、投稿、口コミなどでも積極的にアピールするべきです。

合計検索数

直接検索数、間接検索数、ブランド検索数の合計数。

ビジネスの検索に使用された検索語句

お客様のビジネスを検索したユニークユーザーがもっともよく使用した検索語句

検索クエリとは、Google でお客様のビジネスを見つけるために使用されたクエリです。[インサイト] タブでは、お客様のビジネスについての一般的なクエリや検索の傾向を追跡できます。これらのクエリは、Google を使用した優れた投稿の作成や、広告によるユーザーの獲得にも役立ちます。 検索クエリは、ユーザーがローカル検索とマップでお客様のビジネスを見つけるために使用したクエリに重点を置いています。 過去 1 週間、過去 1 か月間、過去 3 か月間に使用されたクエリが表示されます。ユーザーのプライバシーを保護するため、Google のプライバシーの基準を満たすクエリのみが含まれます。

語句

・クエリ
 インサイトでは検索に使用されるキーワードを意味します。

・複合ワード
 複数のキーワードで構成される検索ワード。

 「元町駅+豚まん」、「遊覧船+神戸」「神戸+六間道+お好み焼き」

・NAP
 店名、施設名(Name)、住所(Address)、電話番号(Phone Number)のこと。 ホームページやマイビジネスに記載する際、これらについて表記が統一されていることが重要。 サイテーション(情報) 直訳では「引用」「言及」の意味だが、SEO(検索エンジン最適化)の分野では「施設名や商品名などの情報が記事内に引用・言及されている」ことを意味する。 現在の検索エンジンは、サイテーションされている数が多いサイト(ページ)を「有用性が高い」として高評価する傾向がある。

・検索語句
 検索に使用されたワード。クエリと同意。

ポイント

まず上位のクエリに注目し、そのワードをマイビジネス内に多く使用する(投稿、口コミなど)ことでクエリとマイビジネス内のコンテンツとの関連性を高める対策を講じることが重要です。

同時にマイビジネス以外(例えばWebサイト)でも同じキーワードを意識して使うことでマップ検索以外でもお客様のビジネスの露出を増やす対策も取るべきです。

特に「NAP(名前、住所、電話番号)」」についてはその記述方法(大/小文字、地番、ビル名の書き方など)を統一しておくことが好ましいです。

またクエリを分析することで、直接/間接検索時で効果的なキーワードや、上位ではないが確実にお客様のマイビジネスを検索結果に反映する複合ワードを見つけてマイビジネスに反映させるなど、有効に活用すべきです。

ユーザーがビジネスを検索した Google サービス

ビジネスを見つけるために利用したGoogleサービス

「インサイトのこの項目では、Google 検索や Google マップでお客様のビジネスを見つけたユーザー数を確認できます。次の各サービスを通じてお客様のリスティングが表示された回数を確認できます。」

語句

・Googleサービス

 ここでは「Google検索」と「Googleマップ」

・バルクレポート

 インサイト内のグラフ

注意点

このグラフはユーザーごとに計算されるため、ユーザーが Google 検索し、検索結果のマイビジネスをクリックして Google マップへ移動した場合は、表示回数は 1 回としてカウントされます。

検索のリスティング

「検索経由の表示: Google 検索を使用してビジネスを見つけたユーザー。バルクレポートに「検索経由の表示回数」として表示されます。(現時点では「検索のリスティング」)」

  CSVダウンロードデータでは「検索経由の閲覧数」とラベルされます。

マップのリスティング

「マップ経由の表示: Google マップを使用してビジネスを見つけたユーザー。バルクレポートに「マップ経由の表示回数」として表示されます。(現時点では「マップのリスティング」)」

  CSVダウンロードデータでは「マップ経由の閲覧数」とラベルされます。

合計表示回数

Google 検索と Google マップ経由の両方の合計表示回数。

〔ポイント〕

ビジネスのカテゴリによりますが、一般的に「(自分の行きたい)場所を探す」必要がある場合、検索よりもマップを利用する方がユーザーの目的に適うことが多いと考えられていますので、『「②マップのリスティング」数 >「①検索のリスティング」数 』の関係になることが多くなります。

また、Googleマップではユーザーが意図した検索結果と異なるビジネスが関連情報、周辺情報として表示されることが少なくりません。

例)「ランチ時間に『近くのラーメン』で検索したところ、ラーメン店以外の飲食店(蕎麦屋など)がマップ上に表示された」

その結果、「一人の検索の結果として複数のマイビジネスやアイコンが結果として表示される」ことから、『「ユーザーがビジネスを検索した Google サービス」の合計数(マイビジネスの表示数)>「ユーザーがビジネスを検索する方法」の合計数(検索したユーザー数) 』の関係になることが多いようです。

ユーザーの反応

ユーザーがリスティングに対して行う最も一般的な操作

「この項目では、ユーザーがGoogleでお客様のリスティングを見つけてからどのような反応をとったかを確認できます。グラフには、表示されたリスティングで以下の反応をとったユーザーの数が表示されます。」

ウェブサイトへのアクセス

「ウェブサイトを閲覧したユーザー。バルクレポートに「ウェブサイトへのアクセス数」

として表示されます。」

マイビジネスの「ウェブサイトを開きます」がクリックされた数

ルートの検索

ビジネスまでのルートをリクエストしたユーザー。バルクレポートに「ルートの照会数

として表示されます。」

マイビジネスの「ルート・乗換」から移動手段を選択してルートが表示された数

なお、ここでの「ルートのリクエスト」はユーザーのクリック数をカウントするので、1

人のユーザーが1日に100回「ルート・乗換」から移動手段を選択してルートを表示さ

せた場合の照会数は100回となります。

電話をかける

「ビジネスに電話をかけたユーザー。バルクレポートに「通話数」として表示されます。」

 スマートホンからマイビジネスの電話番号がクリックされた数。

メッセージの送信

メッセージ機能を有効にするをオンにしているマイビジネスのみ表示されます。

メッセージ機能をオンにしているマイビジネスに対してユーザーがメッセージを送信した数。

ポイント

ユーザーが検索結果として表示されたマイビジネスについて行ったアクションを種別毎に集計したもの。
Googleの調査では、ローカル検索ユーザーの41%(モバイルユーザーの50%、PC、タブレットユーザーの34%)が24時間以内に検索結果に対してアクションを起こすとされています。
これらの「熱い見込み客」を増やすための施策を実行することが重要となります。

なお、この「ユーザーの行動」内の「ルートの検索」と後述の「ルートのリクエスト」は、同じ行動についての集計ですが計数のカウント方法が異なりますので注意が必要です。

ルートのリクエスト

ユーザーがビジネスまでのルートを検索した地域

この項目では、ユーザーがお客様のビジネスまでのルートをどのあたりの地点から検索したかを参照できます。
表示された地図上に、お客様のビジネスの場所がピンで示され、さらに Google マップで多くのユーザーがお客様の住所までのルートを検索した地点が表示されます。
都市や地域ごとの検索回数の合計も表示されます

お客様のビジネスまでのルート検索数を、検索が行われた地域ごとに数字で表したもの。
単位は市区町村(都内は23区)で、ヒートマップ表示もあるので周辺地域を俯瞰して観察できます。

ポイント

上述の「ユーザーの行動」内の「ルートのリクエスト」と同じアクションですが、こちらではアクション数ではなく「ルートのリクエスト」を行ったユーザー数を、それが行 われた場所(出発点)ごとに集計しています。
商圏の範囲やユーザーの目的、行動理由を推測できる可能性が高いです。
なお、こちらの「ユーザー数」は地域ごとのユニークユーザー数であり、1人のユーザーが集計期間内に同一地域で100回「ルート・乗換」から移動手段を選択してルートを表示させた場合の照会数は1回となります。

従って、

『「ユーザーの行動」内の「ルートの検索」』数>『ルートのリクエスト』数

の関係になることが多いです。

電話

ユーザーがビジネスに電話をかけたタイミングと回数

この項目では、ユーザーがリスティングからお客様のビジネスに電話した曜日や時間帯と頻度を参照できます。

合計通話数グラフでは、[曜日] または [時間帯] ごとにユーザーからの通話の傾向を見ることができます。この情報を使用して、ユーザーからの通話数が最も多い曜日や時間帯を知ることができます。

右上にあるプルダウン メニューで、表示するデータの期間を過去 1 週間、過去 1 か月間、過去 3 か月間から選択できます。

ビジネスが認知されている要因

顧客の行き先選びに役立つメイン属性に関する評価

この項目では、お客様のレストランやカフェについてのユーザーの意見(例: 居心地が良い、ロマンチック、カクテルで有名など)を確認できます。

ユーザーの意見はそれぞれの経験に基づいているため主観的なものですが、このようなお店の雰囲気や居心地についての評価は、その他のユーザーにとって貴重な情報になると考えられています。不正確であることが証明されない限り、この情報が削除されることはありません。

混雑する時間帯

この項目では、お客様の店舗が最も混雑する時間帯を確認できます。来店したユーザー数が、Google の推定値に基づいて時間別のグラフで表示されます。カードの左上にあるプルダウン メニューから分析を行う曜日を選択します。

カードの下部には [滞在時間] が表示され、ユーザーがお客様の店舗で過ごす平均滞在時間がわかります。

訪問データについて

混雑する時間帯や滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯や滞在時間が表示されます。この情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分でない場合は表示されないこともあります。

訪問データには次のようなものがあります。

  • 混雑する時間帯のグラフ: お客様の店舗の通常の混雑状況が 1 日の時間帯別に表示されます。過去数週間にわたる平均の混雑度に基づいています。週の平均的なピーク時の混雑度と比較して、指定した時間帯の混雑度が表示されます。
  • 滞在時間: ユーザーがお客様の店舗で過ごす平均時間が表示されます。過去数週間にわたる訪問データに基づいています。

写真の閲覧

お客様のビジネス写真の表示回数が、同業他社と比較して表示されます

この項目では次のグラフを使って、お客様のリスティングと関連付けられた写真の表示回数を、同業他社と比較して参照できます。

  • 写真の閲覧数: お客様の写真が閲覧された回数です。

左上にあるプルダウン メニューで、データを表示する期間を先週、先月、3 か月前から選択できます。グラフの特定の日にカーソルを合わせると、その日付のデータのみが表示されます。

周辺地域に同業他社が十分にある場合、お客様の写真データを同業他社の写真データと比較した折れ線がグラフに表示されます。たとえば、レストランを経営している場合、お客様のビジネスを周辺地域の他のレストランと比較したデータが表示されます。グラフの右側には、選択したデータポイントに基づいた写真の合計枚数が表示されます。

まとめてダウンロードしたインサイトのレポートには、次のラベルが含まれます。

  • オーナーの投稿写真の表示回数
  • 顧客の投稿写真の表示回数

写真の枚数

お客様のビジネス写真の枚数が、同業他社と比較して表示されます

この項目では次のグラフを使って、お客様のリスティングと関連付けられた写真の投稿枚数を、同業他社と比較して参照できます。

  • 写真の枚数: ビジネス リスティングにアップロードした写真の枚数です。

左上にあるプルダウン メニューで、データを表示する期間を先週、先月、3 か月前から選択できます。グラフの特定の日にカーソルを合わせると、その日付のデータのみが表示されます。

周辺地域に同業他社が十分にある場合、お客様の写真データを同業他社の写真データと比較した折れ線がグラフに表示されます。たとえば、レストランを経営している場合、お客様のビジネスを周辺地域の他のレストランと比較したデータが表示されます。グラフの右側には、選択したデータポイントに基づいた写真の合計枚数が表示されます。

まとめてダウンロードしたインサイトのレポートには、次のラベルが含まれます。

  • オーナーの投稿写真の合計枚数
  • 顧客の投稿写真の合計枚数

Googleマイビジネスインサイト活用方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

Googleマイビジネスのインサイトでは、実際のユーザーの行動を元にマイビジネスがどのようにに活用されているかをわかりやすく確認できる機能が提供されています。

インサイトを活用する事でさらに店舗への新規集客を増やす事が可能になります。 より多くのユーザーにお客様の店舗を見つけてもらうためにも、定期的にインサイトを確認しながらGoogleマイビジネスの情報を最適化し、継続的により多くの情報を発信し、口コミを増やすことがマイビジネスの検索順位を上がるために必要不可欠です。 同時に関連するウェブサイトやSNSにも同様の対策を講じることで、さらにお客様の店舗情報の価値が高まります。

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します