営業時間を正確に登録しないとお客様を逃します

Googleマイビジネスの営業時間をお店の営業時間通りに記載していますか?

ユーザーがお店の検索をした際、適当な営業時間を入れていると検索結果に反映してしまいます。

信用を落とす原因にもなりますし、きちんと検索結果に反映されるよう正確な営業時間を登録しましょう。

なぜ営業時間の記載が必要?

検索エンジンから飲食店を調べている人は、近日中にどこかの飲食店でお金を使う可能性が高い人だと言われています。

理由としては「お腹がすいたから」「送別会のお店を探している」「デートで行くお店を探している」など様々ですが、どれも近い時間でどこかのお店に行くことが明確ですよね。

飲食店に限らずどんな業種であっても「検索エンジン経由のユーザーは購買意欲が強い」と言われます。

興味がある・買う必要があるなど『具体的な理由があるからこそ検索する』人が圧倒的だからです。

検索エンジンは、無料でお店の宣伝をしてくれて、購買意欲の高いお客さんを連れて来てくれるのです。

  

では,具体的に上記の内容と営業時間がどうつながるのか?

Google検索の検索結果にはGoogleマイビジネスの情報を基に検索結果が表示される要素があります。

その一つとして【営業中のお店】というアルゴリズムも含まれているのです。

例えば、夜10時に締めのラーメンが食べたい人が「ラーメン おいしい」と検索すると、今いる場所近隣の営業中のお店が検索の上位に表示されます。

今回テストとして「梅田 ラーメン」という検索キーワードで、検索結果を100位以上確認しました。

ですが、営業時間の記載のないお店は1つもありませんでした。

このテストの結果を見ていただくと火を見るより明らかですよね。

営業時間を記載していないお店は戦力外通告をされたも同然。問題外です!

今すぐにGoogleマイビジネスの営業時間を記載してください!!

ちなみに、営業時間が短いお店の方などはドキッとされたことと思いますが、この100位以内の検索結果内で、定休日や営業時間終了のお店が複数件含まれていました。

営業時間が大きく反映されるというものの、営業時間外だと表示されないわけではありませんので、ご安心ください。

ですので嘘偽りなく営業時間を記載してください。

通常営業時間の登録方法

では、間違った記載のないよう、登録方法をお伝えしていきます。

まずは基本の「通常営業時間」の登録方法です。

☆オーナー登録をしていないお店のマイビジネスの場合 

※マイビジネスのオーナー登録をされることをお勧めいたしますが、オーナー確認が取れるまで時間を要する場合がありますので、その場合はこちらを参照して記載ください。

①Googleマップからマイビジネスを表示させます。

②不足している情報を追加と書かれている項目から「営業時間を追加」をクリックします。

③営業時間編集のページが開きますので曜日ごとに時間を入力します。

④最後に右下の「適用」を押して終了します。

★オーナー登録済みのマイビジネスをお持ちの方

①マイビジネスにログインし、編集したいお店の情報ページにいきます。

②「情報」をクリックし、「営業時間」の右側になる鉛筆マークをクリックします。

③営業時間編集のページが開きますので曜日ごとに時間を入力します。

④最後に右下の「適用」を押して終了します。

特別営業時間ってなに?

「特別営業時間」

祝日の休みの設定やお盆休み、年末の営業時間、休みなど通常の営業時間とは異なる場合、この特別営業時間を使って指定日ごとに内容を決めることができます。

Googleは日本の祝日を自動的に『祝日』としては認識してくれず、火曜日なら火曜日の、金曜日なら金曜日の通常の営業時間を表示してしまいます。

その為、曜日ごとに営業時間の変更を行っている店舗は、祝日が来る度にマイビジネスでも祝日の営業時間に設定する必要があります。

例えば本日時点(2019/07/27)で次の祝日は8/15(月)の山の日の振替休日ですが、もしあなたのお店が平日を営業日、土日祝日を閉店日として設定している場合、この海の日当日もマイビジネス上では『営業中』として表示されてしまうのです。

また、お休みではなく営業する場合は『営業中』であれば問題ないと思うかと思いますが、実際に検索した際には「山の日は時間が異なる場合があります」といった記載が表示されます。

これでは折角営業していても、お客様が営業しているか判断できず足が遠のく恐れがあります。

特別営業日として設定し営業時間を登録することで、あいまいな表記ではなく「営業中」と表示されるようになりますので、手間ではありますが入力することをお勧めいたします。

また、逆のパターンだで『ウェブでは営業中とあったのに店舗に行ったら閉まっていた』という事態も起こり得ます。

忘れてしまいそうですが、ユーザーの為にもしっかり更新することを心掛けましょう

特別営業時間の登録方法

①マイビジネスにログインし、編集したいお店の情報ページにいきます。

②「情報」をクリックし、「特別営業時間」の右側になる鉛筆マークをクリックします。

③営業時間編集のページが開きますので祝日ごと、もしくは特別な日毎に休日や営業時間を入力します。

④最後に右下の「適用」を押して終了します。

営業時間の入力でよくある質問

★休憩時間の設定は可能でしょうか?

→「営業時間を追加」より枠を追加し、営業時間を分けて設定して下さい。

月)11:00ー14:00

  17:00ー23:00

火)11:00ー14:00

  17:00ー23:00

水)定休日

★深夜営業している店の設定は可能でしょうか?

営業時間は通常19:00〜深夜2:00ですが、うまく入力できません。

→当日は19時から24時、翌日に0時から2時を設定してください。

日)定休日

月)19:00ー00:00

火)00:00ー02:00

  19:00ー00:00

日付が変わってからは翌日になります。

★応用

ランチ営業(11時~14時)と深夜営業(19時~1時)をしているお店の場合は下記のように細かく設定します。

日)定休日

月)11:00ー14:00

  19:00ー00:00

火)00:00ー01:00

  11:00ー14:00

  19:00ー00:00

水)00:00ー01:00

  11:00ー14:00

  19:00ー00:00

★第三水曜だけ休みにしてるんやけど、Googleマイビジネスではどうやってそれを設定したらいいの?

現状のGoogleマイビジネスの営業時間設定だと、曜日ごとに営業時間を入れるか休日にするかの2択しかありません。

毎週繰り返しの機能なため、第三水曜日のみを休みにするといったイレギュラーな設定ができない仕様となっています。

でも、安心してください!

「特別営業時間」の設定を活用します!

この機能を使うことで第三水曜日のみ休日を表示させることが可能です。

①「営業時間」の水曜日に通常通りの営業時間を入力する。

②「特別営業時間」に対象月の第三水曜日の日付を入力します。

  日付を入力した時点で、デフォルトが定休日のため自動的に定休日の設定となります。

毎月の入力は結構手間なため、カレンダー片手に一年分入力しちゃう。といったことも可能です。

ですが、一年後に作業を忘れてしまうと営業中のままとなりますので、月末の〇日に登録する!といったコンスタントに入力するほうが良いかもしれませんね。

イレギュラーな休日は営業時間のお店は割と多いので、上記の仕方をうまく使ってユーザーに分かってもらえるよう設定を心がけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マイビジネスの営業時間の設定だけで検索結果にこんなにも優劣が生じると思っていなかったのではないでしょうか?

ユーザーの検索方法やキーワードは人それぞれです。

どんなキーワードでも自身のお店が上位に表示されることを目指して、シェア数№1のGoogleマイビジネスの設定項目は抜けのないように登録設定を心がけてください。

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します