ストリートビューアプリで道のストリートビューが更新可能に!

2018/06/21更新のGoogleストリートビューアプリでなんと道路や空き地などの野外のストリートビューが公開出来る様になりました。

公開するにはいくつかの条件があります。

  • ストリートビュー認定フォトグラファー及びレベル6以上のローカルガイド
  • 公開出来るGoogleストリートビューアプリは現在Andoroid 4.4Kitat以降
  • 撮影には「動画モード」(ベータ版)を利用
  • 対象の撮影機材を利用(現状はRicoh Theta Ⅴのみ対応)

Googleストリートビューアプリの解説によると

・新しい「動画モード」で(ストリートビュー認定フォトグラファーとレベル6以上のローカルガイド限定)、徒歩や自転車、車で移動しながらストリートビューを簡単に撮影出来る様になりました。

・動画モードで撮影したコレクションをストリートビューに公開する前に、迫力ある360°動画として手軽にプレビューできるようになりました

・動画モードで撮影したコレクションが、トラックとして移動距離と一緒に地図に表示されるようになりました

・複数のバグを修正し、他の改善も行いました

ストリートビューで世界の名所を巡ったり絶景を眺めたりしてみましょう。博物館や競技場、レストラン、お店といった施設の中の様子を見ることができます。

また、自分で撮影したストリートビューを一般公開で追加する事もできます。

それには、スマートフォンのカメラかストリートビュー対応認定カメラを使って360°写真を作成し、ストリートビューアプリを使って地図上の適切な場所に配置して結合します。

ストリートビュー認定フォトグラファーとレベル6以上のローカルガイド向けの新機能:

新しい「動画モード」(ベータ版)をお試し下さい。Ricoh Theta Ⅴカメラを接続し、徒歩や自転車、車で移動しながらストリートビューを作成出来ます。

この新しいモードではカメラを通じて動画が撮影され、その動画をGoogleマップに公開すると自動的に変換されてストリートビュー画像に結合されます。

アプリのご利用要件:Andoroid4.4Kitkat以降

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します