Googleストリートビュー(インドアビュー)撮影

Googleストリートビュー(インドアビュー)で室内アピール

お店/オフィス/施設

Google ストリートビュー(インドアビュー)とは?

ストリートビュー(インドアビュー)とはWeb上で建物内・室内を360°パノラマで見渡すことができるサービスで、実際に店舗を訪れたかの様に、お店の中を自由に見て回る事ができます。
撮影ポイントを連続して移動することにより、あたかもその場にいて室内を歩いているかのような臨場感を体験できます。

ストリートビュー(インドアビュー)では店内の雰囲気や品揃え、レイアウトを知ることができ、「このお店、どんな雰囲気かな?」「2次会の場所を探しているけど、個室はあるのかな?」という検索ユーザーの疑問もその場で解消。
また、Googleの各種サービスとの連動で情報発信やお客様とのコミュニケーションをはかる事で集客力UPに繋がり、来店やご予約の決め手になります。

ストリートビューは、正式名称をGoogleマップインドアビューという名称でサービス展開されていましたが、2015年9月から Google マップ インドアビューの名称が変更になり、現在は Google ストリートビューの名称に統合されていますが、道路等の野外を撮影する Google ストリートビューと同名の為、違いがわかりにくい事もあります。
今でもインドアビューで検索する方も少なくないためGoogleストリートービューと並記でインドアビューを記載させて頂いております。

Google ストリートビュー(インドアビュー)掲載効果

Googleの検索結果ページで目立ちます!

  • Google検索結果のナレッジパネルへのストリートビュー表示例Google検索結果での表示領域が増える&目立つ
    ストリートビュー(インドアビュー)は、ユーザーがお店名(施設名)で検索した際の検索結果に右に表示されるナレッジパネルの中にサムネール画像の上に「中を見る」と表示為れたボタンとして掲載されます。MEO対策(Map Engine Optimization)にも効果的です
  • Googleマップ検索結果のストリートビュー表示例Googleマップの検索結果にもストリートビュー(室内のストリートビュー)の表示ボタンが掲載されます。

  • ストリートビューはホームページに自由に埋め込みができます公開されたGoogle ストリートビューを自社ホームページに自由に埋め込みが可能です。

  • スマートフォンのGoogleマップでのストリートビュー表示スマートフォンやタブレットに対応しています。スマートフォンのGoogleMAPアプリで、近隣にいるユーザーが近隣施設や施設名称で検索した検索結果画面のナレッジパネルストリートビューは表示されますので、ユーザーはストリートビューで中の様子を見た上で、気に入ったら電話番号をクリックして発信し予約をしたり、ナビ機能を使って施設までのアクセスする事が出来ます。

  • 料金は撮影時のみ。ランニングコストは不要です。
    初期の安価な撮影費用だけでGoogleでの検索結果表示画面のナレッジパネルがボタンが増えて写真領域部分が増えますので、目立つ効果でクリックされる確率が上がります。
    それにユーザーは中を見る事で安心して訪問しやすくなります。

Google ストリートビューを追加することで関心が倍増

リスティングにバーチャル ツアーを追加すると、リスティングのみの場合と比べて予約の数が約 2 倍に増加します。中でも特徴的なのが 18~34 歳のユーザーで、ツアーを見た後に予約する可能性が 130% 高くなります。

3 人に 2 人はGoogle ストリートビューの追加を希望

調査対象の 67% がビジネス リスティングへのGoogle ストリートビューの追加を希望しています。残りの回答者のうち、特に関心はないと答えたのは 26%、Google ストリートビューの追加は不要と答えたのは 7% でした。

ローカル検索のトップは Google

オンラインでレストランやホテルを検索するユーザーの 62% が Google を使用しています。

調査の詳細

この定量的市場調査は、地域のお店やサービスに対する消費者の関心度に対してバーチャル ツアーがどの程度影響するかを把握するために、独立系の市場調査会社によって 2015 年 7 月に実施されたものです。本調査では、ホテルとレストランの予約に焦点を当てています。

さまざまな業種の集客をサポート

  • 飲食店・美容室なら
    初めてのお店は誰でも不安です。
    Google ストリートビュー(インドアビュー)なら訪問する前にお店の雰囲気をまるで実際にそこにいかのように感じていただくことができます。スチール写真では感じていただきにくいお店の広さや自慢の調度品などもしっかりお伝えすることが出来ます。
  • ショップ・ショールームなら
    雑貨やアパレル、食品などのショップでは、商品の魅力をいかに伝えるかが大切です。
    Google ストリートビューの画像はズームできるので、陳列の商品だけでなくこだわりのインテリアまでも感じていただけるかもしれません。
  • スタジオ・ホール・貸し会議室なら
    スタジオ、ホールなど空間の大きさを感じていただくには、Google ストリートビューはまさに最適な手段といえます。バックヤードや設備・備品も撮影箇所に加えていただければ、利用検討者は最高の判断材料を手にすることができるでしょう。
  • ホテル・旅館なら
    弊社は旅館・ホテルの集客サイト「おもてなし.com」を運営しております。旅館・ホテルの集客に関しての多くのノウハウを持つ数少ないGoogle ストリートビュー認定パートナーです。

    ロビーや施設はもちろん、こだわりの客室を紹介されるときなどは、ぜひ弊社にお申し付けください。

    複数フロアや多数の撮影ポイントが必要なケースも、撮影経験豊富なGoogle ストリートビュー撮影認定カメラマンにどうぞお任せください。

  • クリニック・病院・介護施設なら
    清潔な院内や落ち着いた待合室、またくつろげる個室などアピールできるポイントを、まさに歩いているかのように体感できるgoogle ストリートビューは、来院を促すツールとなるでしょう。

Google ストリートビュー活用事例動画

よくある質問

お客様より特によくいただくご質問をまとめました。

撮影ポイント数はどうやって決めるのですか?
お客様の要望を元に撮影ポイント数を見積もらせて頂きます。ただし、Googleがストリートビューをユーザーが利用しやすい観点から理想型とする撮影ルールを定めておりますので原則このルールにのっとった形でお客様の要望にお応えできる撮影ポイントを決めさせて頂きます。
月々の費用は?
掲載時の費用以外にGoogle ストリートビューに掲載を維持する為の費用はかかりません。
ご自身のホームページ等にGoogle ストリートビューを埋め込んで利用するような場合も費用は必要ありません。
撮影時間はどのくらいかかりますか?
一般的には、写真撮影は約1時間から2時間かかりますが、お店のサイズによっても異なります。
詳細については弊社にお問い合わせください。
撮影後はGoogleマップに公開までどのくらいかかりますか?
一般的には、弊社営業日で3、4日程で公開できるケースが多いですが、撮影ポイント数の多い場合はその他の事情で2週間程掲載に時間がかかる場合もございます。
写真撮影の前に準備をする事はありますか?
Googleマイビジネスに登録が無い場合は、事前にGoogleアカウントを取得し、Googleマイビジネスページの登録(無料)を行っていただきます。
Googleマイビジネスは既に登録されている場合でビジネスオーナー確認がまだされていない場合は、ビジネスオーナー確認を行っていただきます。
写真撮影の前に整理整頓を行っていただいてもまったく問題ありませんが、Google ストリートビューはユーザーに実際にお店をあるいている体験ができることを目的としているため、できるだけ通常の営業時の状態で撮影する事をお勧めします。Google ストリートビューは360°方向を撮影いたしますので、目線高さから見える範囲はすべて映り込むと思っていただき、Google ストリートビューに写って公開されたくないもの(個人の私物や個人情報などを含む掲示物や季節感のあるものなど)は事前に片付けていただきますようお願いいたします。なお、これらのものが撮影時に映り込んだ為、再撮影を希望される場合は別途料金となります。
写真を撮影する場所をこちらで制御することは可能ですか?
撮影は360°のパノラマの撮影を行います。
人が歩いている状況を想定しているため、途中だけ撮影を省くことはできませんので、ご了承ください。
なお、布などを利用して撮影場所を一部覆っていただくことや、希望しない場所を撮影しないことは可能です。ただし、入口など一部省くことができない箇所がございますのでお申込時に、弊社までご確認ください。
Google ストリートビュー(インドアビュー)で撮影された写真に人物は写りますか?
Google ストリートビューの写真は、日常生活において顧客がお店を訪れた際に見る場面を、そのまま再現するものです。写真撮影中も通常通り営業を行う事が可能なため、店内にいる人が写真に写る可能性があります。
Google ストリートビューのパノラマ撮影では最新鋭のぼかし技術を使い、写真内の人物の顔にぼかしを入れます。店内にいる方々が写真に写りたくないという場合には、撮影チームが最大限便宜を図ることになっています。その際、撮影中であることをお知らせするようにいたしますが、可能であれば事前に従業員の方々やお客様にお知らせしておくことをお勧めいたします。
スマートフォンにも対応していますか?
Google ストリートビュー(インドアビュー)はスマートフォンやタブレットでも利用する事ができます。ただし、一部の機能(1階、2階などの階層でインドアビューを表示するエレベーター機能やホテルモードにてロビー以外にも撮影した部屋やレストランに切り替える事ができない)が2016年1月時点では利用できませんが随時対応される見込みです。
スマートフォンやタブレットで利用するアプリにおいてもパソコンと同様にお店のローカル情報や写真とともに確認することがきます。
Google ストリートビューはその他の360°パノラマサービスと何が違うのですか?
Google ストリートビュー(インドアビュー)はインターネット利用で欠かせない検索エンジンを提供するGoogleが提供するGoogleマップにて検索される検索結果に表示されるという事です。
他のパノラマサービスの方が自社ホームページやその他のコンテンツとして利用する際には自由度が効く場合もございますが、お店への集客を考える上でユーザーが位置情報をもとに希望するサービスを求めて検索をかけて表示された検索結果の中で他の検索結果よりより充実した情報と空間のイメージを具体的に伝える事のできるGoogle ストリートビュー(インドアビュー)はお客様に安心感を持って頂く上で効果が高く、インターネット集客において今後より一層重要なサービスであり、低価格で導入できる事もあり現在飛躍的に掲載数が増えています。
プライバシーおよび法律の遵守に関してどのような施策を行っていますか?
認定代理店の撮影チームは、撮影時に、従業員や店内のお客様に撮影を行うことを注意することになっています。またパノラマ写真内の人物の顔や、車のナンバープレートには原則ぼかしを入れさせて頂ます。
お店やサービスの従業員なら誰でも写真撮影の申込ができますか?
写真撮影の申込ができるのは、撮影チームがお店やサービスの敷地内に入り、撮影した写真をGoogleの製品およびサービス内で使用することを所定の契約書および利用規約に従って許可するための正当な権限を持った方に限ります。
例えば、通常は、お店やサービスのオーナーや、お店やサービスを代表して、そのような許可を与える権限を持つ店長や責任者があてはまるでしょう。
なお、写真撮影に申し込むことにより、申込者は、ご自身が、そのような許可を与える権限を有していることを保証することになりますのでご留意ください。
Google ストリートビューの写真の権利は誰が持ちますか?
Google ストリートビュー(インドアビュー)の写真の著作権は、撮影を依頼したビジネスオーナーが持つ事も可能です。
ただし、ビジネスオーナーはGoogleに対してGoogleのサービスへ公開するために、その写真のライセンスを提供していただく事になります。また弊社の事例として御紹介させて頂く事もございます。
パノラマ画像が公開される前に画像を確認する事はできますか?
はい、ご希望があれば、事前に画像を確認することもできます。
詳細は、弊社にお問い合わせください。
他の理由で画像が削除される場合はありますか?
撮影した写真は、google インドアビュー認定パートナーによって、公開前に品質レビューをしていますが、利用規約や適用されるポリシーに違反することが判明した場合は、公開後であっても、画像が削除される場合があります。
再度撮影をお願いできますか?
はい、撮影は何度でも可能です。
お店がリニューアルなどをした際に再撮影をするのも良いかも知れません。中には年間契約をして季節ごとにイメージを変えたgoogle ストリートビュー(インドアビュー)掲載を希望されるお店もございます。
再撮影の料金については、弊社にお問い合わせください。