MEOとは?

MEO(Map Engine Optimization)とは?

MEOは、Map Engine Optimizationの略で、主にGoogleマップに対する地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)の事を表します。

Googleマップには店舗などの情報がGoogleマイビジネスとしてカテゴリー毎に整理され各種詳細情報や位置情報、写真などのコンテンツとともに登録されています。

この自社店舗情報にあたるGoogleマイビジネスのコンテンツを最適化することで、SEOと同様に、検索結果に表示される表示回数の増加と、クリック数を増やすためより上位に表示されるための対策の事として使われます。

また同意語として海外ではローカルSEO(Local SEO)という言葉が使われています。

MEOをおこなう事でGoogle検索およびGoogleマップ利用者が、キーワードで検索した検索結果に対象のマイビジネスが上位表示され、Googleマイビジネスの内容を見て利用者の期待に添う内容であればそのままGoogleマップの経路案内などを利用して来店につなげる事が出来ます。

MEOもSEOと同じく日々検索順位を確認しながら対策を継続する事が重要です。

MEO対策の現状を確認したい場合はGoogleマイビジネス診断レポートをご検討下さい。

MEOが必要な理由

MEOを行うのと、行わないのでは、あなたのGoogleマイビジネスが見込顧客に見てもらえるチャンスは大きく広がり、集客に大きな差が出ることでしょう。

店舗や施設への集客を担う立場であれば、今後MEO(ローカルSEO)は”知らない”という
理由だけで無視することは出来ないとても重要な対策なのです。

MEOは集客効果が高い

MEOは、あなたのお店の商品やサービスに関心がありそうなあなたの商圏エリア内にいるユーザーを、検索結果で結びつけてくれるとても効果的な対策です。

ユーザーは目的意識がはっきりしていますから、「ある一定のエリア」で「希望する条件にマッチする中で一番行ってみたい店」を探しているのです。

Googleの調査結果では、ローカル検索からお店を探している人の41%が検索を行ってから24時間以内に店舗を訪問しています。

MEOはローカル検索を行う即効性の高いユーザーにお店を見つけてもらえる事が出来る対策ですので、とても集客効果の高い施策として注目されているのです。

MEOはスマートフォンで効果絶大

近年インターネットでの検索数は、パソコンでの検索数を、スマートフォン等のモバイル端末からの検索数が上回る時代になりました。

スマートフォンにはGPSがついていますので、検索する際に、位置情報という要素が自動的に付加され検索結果を表示します。

スマートフォンでの検索結果順位にとってMEOはとても重要な要素で、MEOを十分に行っていればスマートフォンによる検索結果に絶大な効果を発揮します。

ユーザーは、スマートフォンの検索結果で上位表示されたマイビジネスいくつかを開いて主に次の3つの項目を確かめることでしょう。

  • 「掲載情報を見てこの店は行ってみたい店か否かの確認」
  • 「写真を見て商品と空間のイメージ」
  • 「位置情報を見て目的エリア内であるかの確認」

そしていくつかの候補を絞った上で「口コミ」の内容を比較して、自分なりにどの店に行ってみたいかを判断します。

この一連の動作で行ってみたい店に選ばれるかどうかが決まりその後は次の4つのアクションに繋がります。

  • 店舗への電話予約
  • 店舗へのナビを使って店舗に向かう
  • お気に入りへの保存
  • 友人に店の情報を共有

MEOはコストパフォーマンスが高い

MEOで行う重要な施策の一つである「マイビジネスの登録と最適化」はご自身で行えば無料で行えます。

マイビジネスのユーザー評価を集めるのも店舗でカードを作るなり来客されたお客様にカードを使って評価を勧める等、無料で行える施策です。

そしてストリートビュー(旧名称:インドアビュー)の撮影及び掲載は撮影費用の初期費用のみで継続的な費用は必要ありません。

リスティング広告等の継続的にコストがかかる施策に比べてMEOは対策さえしてしまえはそのあと継続的にお金がかかるわけではありませんので極めてコストパフォーマンスの高い店舗への集客方法なのです。

MEO対策はローカルSEOとも呼ばれるだけあってその特性はSEOによく似ています。
コツさえつかめばSEO施策よりも地域に絞り込んで戦えるので簡単で効果抜群の集客対策なのです。

広告費用をかけて集客するのもより多くの集客を集め上では重要な施策ですが、その前にまずはMEOを行ってから広告のことを考えるべきではないでしょうか?

MEOを行えば検索結果ページで目立てます

MEOを行えば、Googleでキーワード検索を行った検索結果ページにおいて、通常のSEOを施して表示される検索結果や、リスティング広告の表示領域より、上位の領域にあなたのGoogleマイビジネスの店舗が表示されるため、検索結果において目にとまるチャンスが多くなります。

またGoogleマップ検索結果においてもMEOでマイビジネスの評価が上がればより広範囲が表示されている地図の階層でも競合店舗より先に地図にバルーンマーク付きで表示されるので、目立ちやすく、ユーザーにクリックされやすくなります。

リアルに店舗をもつビジネスにおいては、とても有効な集客手段ですので、集客が必用な店舗にとってMEO対策は必須の対策といえるでしょう。

ローカル検索時代への変化

Google Mapはこんなにも使われている

行きたいお店を探す44%のユーザーがGoogleマップを使っています

GoogleマップにはGoogleマイビジネスでしかお店の情報は掲載されませんので、Google Mapであなたのお店を探してもらうにはGoogleマイビジネス対策することが必須となります。

言い換えればGoogleマイビジネスを整備せずに放置するのは、お店を見つけてくれる可能性のある集客の種を44%も捨ててしまってる可能性があるのです。

Google広告もローカル検索の時代に

PPC広告は、GoogleやYahooで検索した際に検索結果の上や横に表示されるキーワード広告やリスティング広告の事でAdWords等を利用して広告出稿する広告の事です。

各企業がこぞって重要なキーワードに対して広告入札するため入札単価は上がる一方です。

しかしネット販売など全国を対象とするECサイトだけで無く今後は地域に店舗でも集客のためにネット広告を使うのが当たり前の時代がすぐそこまで来ています。

今のうちにMEOを行いしっかり対応していればネット広告にお金を使う必用がありません。

そしてもっともっと集客したい人はGoogle広告でローカル検索に対する広告を表示させたいときにMEOをしっかりおこない上位表示されるポジションにいればいるほど広告掲載時の広告入札費用を安く抑えることができます。

広告を出す人も出さない人もMEOは重要な対策なのです。

スマートフォン利用者比率の増加

ここ数年スマートフォンの普及は著しく、企業のWebサイトへのアクセスの50%以上がiPhoneやAndroid携帯、iPad等のモバイル端末からのアクセスで有る様な企業も増えて来ています。

プライベート利用での店舗検索等の場合はそれ以上の60%以上がモバイル端末からのアクセスになってきています。
行きたい店舗を探す際に外出先からスマートフォンの様なモバイル端末で検索し、表示された検索結果の地図をもとにナビ機能を使って店舗へ訪問する利用者も増加する一方です。

皆さんが運営する店舗のWebをお持ちで有れば来店者を増やすためには

①モバイルフレンドリー対応

②Google検索結果にしっかりと店舗の地図を表示させる

③Googleマップで検索された際に上位に表示させる

等の対策が重要になります。

そこでMEOが重要になると言う事になります。

しかし、これは自社で運営する店舗のWebを強化する方法であって、必ずしも店舗への集客のために第1に行うべき事ではありません。

なぜなら、ユーザーが曖昧な要望から、「行きたい店舗を探す」際に最初に見るのは、皆様が運営するホームページでは無いからです!

例として・・・私が今、神戸にいて、「焼き鳥」を食べたくなったとして、自分のiPhoneのブラウザ(Chrome)で「焼き鳥」と検索したとします。

すると、現在の私の位置情報を勝手に判断して検索結果画面はこの様になります。

検索結果には上から

1.他のキーワードの提案

2.周囲800mの地図(範囲内に存在する焼き鳥店にはマップポイントが表示)

3.周囲800m内の焼き鳥店のGoogleマイビジネスの情報
店名・レビュー数・現在地からの距離・店舗カテゴリ・住所・店舗の評価されている内容・写真

その下に表示されるのが

4.焼き鳥に関する情報

主にウィキペディアの情報が掲載される様です。

5.焼き鳥に関するWebの検索結果

5番目でようやくWebページの検索結果が表示されます。

しかし、その上位の殆どが「ぐるなび」や「クックパッド」等の大手Webサイトになります。

すなわち、自店舗用のWebを一生懸命作っても「新たなお店を探しているユーザー」へのアプローチは簡単な事では無いと言う事になります。

しかし注意して見て欲しいのは、地図の下に表示された3つの店舗です。

この3店舗はどの様にして選ばれたのでしょうか?

実際に現在地から800m以内に焼き鳥店は3店舗しか無いのでしょうか?

いえいえ、「さらに表示」をクリックすると、800m以内に18店舗が表示されました。

他にもスクロールしていくと800m以上離れた1.5kmや2km等の店舗も表示されます。

注目していただきたいのが、必ずしも近い順に表示されるわけでは無く、この表示例では650m,1.5km,650m,700m等といった順番で遠い店舗(Googleの検索ロジックで評価が高い)が上位に表示される事も有ります。

そして800m以内として数えた18店舗が実際に800m内に存在する焼き鳥店の店舗数と必ずしも一致するわけではありません。

表示されている店舗は、Googleマイビジネスに登録されている店舗だけ!

と言う事です。

スマートフォン時代に合わせてGoogleの検索結果はこの様に変化しているのです。

地域名+業種の複合キーワードでの検索にマッチ

店舗住所の「地域名」+店舗のサービス名(「貸し会議室」「和食」「美容院」「動物病院」)等の地域名+業種名やサービス名の検索で上位に表示させる対策をとる事が出来ます。

ネット検索するお客様が周辺で利用したい店やサービスを探す際には、殆どの方が、探したい業種名やサービス名と地域名を業種名+地域名やサービス名+地域名等の検索キーワードを利用して目的とする店舗やサービスを検索します。

そのため、検索結果、上位に店舗やサービスが表示されるか否かは集客において大きな差が現れる重要な成功要因です。

MEO対策はこの業種名+地域名等の検索結果で上位表示されるための施策ですので、この対策を行う店舗と行わない店舗では、同レベルのポテンシャルを持つ店舗であればMEO行うか行わないかが、集客において大きな結果をわける要素になります。

周辺の同業種店舗がMEOを行っていなければ、より早くMEOを行えばライバル店舗に大きな差をつけるチャンスなのです。

逆に周辺のライバル店舗がMEOを行っていて、あなたの店舗がMEOを行っていなければ、大きく差を開けられる危機がありますので、今すぐMEOを実施して、差を開けられない様に対策を取る必要があるのです。

SEOとは別の施策

MEOはSEOとは別の施策ですので異なるロジックで上位表示が狙えます。

SEOを実施しているからMEOを行う必要が無いと言う事は無く、SEOを十分に実施していてもSEOとは別にMEOを行うことは必要です。

何故ならSEOは地図検索では効果を発揮しません。

ですからMEOはSEOとは別の施策として行う必要が有ります。

逆にMEOをしたからSEO対策が不要という事でも有りません。

しかしMEOはローカルSEOとも呼ばれる様にSEOとよく似た性質を持っています。

やはりSEO、MEOの両方を十分に行う事が集客でライバル店舗に差をつける重要な成功要因になります。

MEOにおけるローカル検索結果の掲載順位の仕組み

MEOにてローカル検索での検索順位を上げるには、検索順位を決定する仕組みの要素を理解する必要が有ります。

ローカル検索の順位は、主に関連性、距離、知名度の要素を組み合わせて検索順位を決定しています。

MEO順位決定要素

関連性

関連性は、検索語句とマイビジネスの内容が合致する度合いで影響します。
マイビジネスの内容を検索語句を考慮しながらより充実させる事で関連性を高めることができます。

距離

距離は、検索語句で指定された場所からマイビジネスまでの距離を指します。
検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在位置情報をGPS等から把握して距離が計算されます。

知名度

知名度は、その店がどれだけ知名度があるかで変わります。
既に世の中で有名なお店はネット上でも色々なブログやSNS等でも店名などが露出致しますので当然Googleはそれらの情報も収集して知名度を確認する材料としています。
よって一般的に知名度の既に高い店やランドマーク(美術館などの施設)は上位に表示されやすくなります。
自店もマイビジネスの知名度を高めるにはマイビジネスの最適化だけではなく、SNS等でシェアされるための仕掛けなどを作る事も重要です。
マイビジネスにおいて出来る事は積極的にコメントをお客様に書いて頂くことをお願いするなどと合わせて、コメントを記載頂いたら丁重にコメントにお返事をすることも重要な要素となります。

MEO順位影響要因

  • Googleマイビジネス(近接性、カテゴリ、ビジネスタイトルのキーワードなど)
  • マイビジネスとホームページへのリンク(インバウンドアンカーテキスト、リンクドメインオーソリティ、リンクドメイン数など)
  • クチコミ(レビュー量、レビュー速度、レビューの多様性など)
  • マイビジネスとホームページとの同調(名称・住所・電話の完全一致、タイトル内のキーワード、ドメインのスコアなど)
  • 話題(ネットで店舗名や商品・サービス名がどれだけ話題になっているか、NAPの一貫性、引用量など)
  • 反響(クリックスルー率、電話でのクリック、ルートナビの実行、写真を開いた数、マイビジネスへの滞在時間など)

正しいMEOとは

MEOの目的は集客反響を増やす事

MEOを行う時に間違ってはいけないの「MEOの目的は何か?」をしっかり理解することです。

MEOを行う目的は皆さんのお店に新たなお客様を増やす事が目的のはずです。

そしてネットで出来る事を具体的に的を絞ると「新規集客の反響数を増やす」ことです。

ではマイビジネスで把握出来る反響数とは何でしょうか?

答えは、マイビジネス管理画面の「インサイト」メニュー内の「ユーザーの反応」です。

このユーザーの反応では

ウェブサイトへのアクセス

ルートの検索

電話をかける

この3つの反応が集客に影響する反響数として確認できる指標になります。

この3つの指標=来客数にはなりませんが、ウェブサイトへのアクセスは、マイビジネスを見つけた後にもっと詳しい情報を知りたいと思ったユーザーがクリックした可能性が高いと想定されますし、ルートの検索を行ったユーザーは、どの辺にあるのだろうか?などと行ってみることを想定するためにクリックした可能性が高いでしょう。

電話をかけるにあたっては、ユーザーが実際に電話の発信を行っているわけですから問合せ目的や、予約等のより具体的な集客につながるアクションと考えられます。

この3つの反応はそう言った観念からより集客を生み出す指標にある程度比例する数値として読み取れますのでこの3つの反応数を増やす事が集客数を増やす事への最も可視化しやすい指標となります。

MEO=3位以内保証サービスではありません!

この1年ほどでMEOを商売とする業者は急激に増えています。

その多くが3位以内にランクインした場合に成果報酬を受けとるタイプのサービスを行っております。

私どもの以前は同様のサービスを展開した時期もございましたが、どんどん業界がこういったサービスでお客様を誤ったMEOにミスリードしている傾向が広がっているためこの状況を危機的に感じ3位以内ランクインを目的とした成果報酬型のサービスの受付を停止致しました。

MEOで3位以内を目標とした成果報酬型サービスの何が問題であるかというと

結論から言うと

MEOで3位以内≠集客が増える

につながらない可能性が高いからです。

皆様は集客反響数を増やしたいからMEOをおこなうわけです。

しかし「MEOで3位以内」には業者がきちっと説明していない抜け穴だらけなのです

問題点の事例を挙げると

MEOの順位測定は検索する場所によって順位は変わる

MEOの順位要素には距離も関係してきます。

当然、例えば「美容室」で検索した場合検索した場所に最も近い美容室か距離的優位要素によって上位に上がりやすくなります。

よってMEO業者の測定基準になっている場所次第で検索順位は変わりますので自分の店のすぐ近所で3位以内に入っていたから喜んでお金を払っていても少し離れた人通りの多い場所で検索したら3位以内に入ってないということも十分に有り得ます。

検索ワードがニッチになるほど上位表示は簡単

当然ですが「美容室」だけで検索する場合は競争も多いので上位表示は難しいですが複合キーワードで「美容室」+「地域名」などで検索する事で対象は減ります。

検索機会の少ない検索ワードにすればするほど上位表示しやすくはなりますが
そもそもの検索機会が少ないので表示回数は少なくなります。

中にはそんな絞りきった検索機会の少ない検索ワードで契約しちゃってどうするの?
と思うようなワードで契約していないでしょうか?

重要なのは中途半端な定義の中で3位以内という言葉だけに惑わされて施策をおこなうのではなく、近隣の競合店を明確に定義して、それらの競合店に比べて自店舗が高評価を受けれるように改善を重ねて行く事が正しいMEOにつながるのです。

Google規約を無視した悪質施策に注意

何も知らずに悪質な業者に任せている方のマイビジネスの中には
Googleの規約を明らかに無視した対策がされてしまっているものを最近よく見かけます。

わかりやすい例は、店舗名入力欄にありとあらゆるキーワードを詰め込んだ
店舗名に変えているマイビジネスです。

マイビジネスの店舗名はGoogleの規定では実際の店舗名を表記する事がルールとなっています。

じゅげむじゅげむじゃあるまいし、そんな店名ないだろう!っと突っ込んでしまいそうな
キーワード詰め込みまくりの店舗名のマイビジネスは明らかなGoogle規約違反になります。

今年に入ってGoogleも現状を改善すべく、悪質行為をしていると思われるアカウントが管理しているマイビジネスを突然停止する事例が増えています。

マイビジネスのアカウントを停止されると管理画面からアクセスする事ができなくなり
当然検索順位にも影響が出ます。

せっかく蓄積してきた努力がそう言った規約違反によって水の泡に成らない様に規約違反を犯さずにルールの範囲内でMEO対策を行う事を心がけて下さい。

MEO対策の現状を確認したい場合はGoogleマイビジネス診断レポートをご検討下さい。

よかったらシェアお願い致します

よかったらフォローお願い致します